1mのパットを入れるコツ


今回は、1mのパットを入れるコツについて、
紹介したいと思います。

1mのパット、ラインはほぼストレート。このような絶好のチャンスのパットを
確実に入れることができれば、スコアは確実に縮まります。

しかし、1mという距離が微妙で、入りそうでなかなか入りません。
パットで確実にカップインする最大のポイントは、フェースを真っ直ぐ動かすことです。

フェースは、少しでも開いたり閉じたりしてしまうと、1mという距離でも
カップに蹴られてしまいます。

フェースの角度のずれを感じやすいのは、右手の手の平です。
手の平をフェース面とみなすのです。

手の平をストレートに動かすことができれば、自動的にフェースも
ストレ―トになるでしょう。

パターの握り方ですが、握り始める場所が大切です。
パターは、グリップの裏から握ることをおススメします。

ここで言う裏とは、グリップの自分の身体側を言います。
グリップの裏から握ることによって、腕に力が入りにくく、
肘が伸びきってしまうことを防ぎます。

パッティングの時の理想的な腕の形として、両肩と両腕で三角形とか
五角形と言われますが、あまり意識しすぎると、力が入ってしまうので、
注意して下さい。

ストロークですが、とにかく頭を動かさないことです。
インパクト後も頭を動かさないことです。

頭を動かさないことによって、引っかけやプッシュアウトを
防ぐことができます。