30ヤードのバンカーショット


今回は、30ヤードのバンカーショットについて、紹介したいと思います。

30ヤードのバンカーショットは、かなりの曲者です。
ホームランになってもチョロになってもおかしくない状況です。

30ヤードのバンカーショットで起こりやすいミスは、
ボールを上げようとしてしまうために、左ひじが引けてしまい、
クラブがボールに届くことなく、ボールの腹を打ってしまい、トップになってしまうケースです。

ボールを飛ばしたい意識が強すぎるために、ボールを当てにいってしまい、
上からダウンブローになりすぎてしまうケースです。

右肩が前に出てしまい、トップやシャンクの原因になってしまいます。

ボールの行方を知りたいために、ヘッドアップしてしまうケースです。
手首を開放するのが早すぎるために、ダフリが出てしまいます。

30ヤードの距離であれば、エクスプロージョンショットで十分に出すことが可能です。

砂を薄く長めに剥ぎ取っていく必要があります。ボールをセットする位置は、
左足カかとより右でスタンス中央より左サイドにします。

スイングは手打ちにならないようにして、身体の回転でスイングしていくようにします。

30ヤードあるので、フェイス面をオープンにはしないで、飛球線に対してスクエアに構えます。

左足は、若干オープンにします。右足かかとをつけたまま、
お腹を下に向けてままスイングしていただき、フィニッシュを大きくとります。