OKパーをとるためのアプローチ②


今回も、OKパーをとるためのアプローチについて、紹介したいと思います。
ライの違いによる打ち方を説明します。

ラフにボールが入ってしまい、ボールが沈んでしまっている時は、
芝の抵抗の影響で、ソールから入れるのは難しくなってしまいます。

そのような時は、ヘッドの刃から入れていきます。
上からダウンブローで刃を入れて、ボールに直接入れていきます。

上から刃をダウンブローで入れると、ボールは低い弾道で強く飛んでいきます。
刃からダウンブローで打つ時の体重配分は、6:4で左足に体重をかけます。

ラフでなくても、地面が硬くなっていることがあります。そのような時は、
刃でダウンブローで打つと、効果的です。ピッチングウェッジだと打ちやすいです。

ラフでもボールが浮いている時は、ソールで打っても大丈夫です。
ソールで滑らせることができれば、ボールの手前から入っても、
ソールを滑らせることによって、ボールを打つことができます。

フェアウェイであれば、ソールを滑らせて、打っていきます。
ソールを滑らせるので、ヘッドを落としていく場所は、あまり問題ではありません。
刃だと直接ボールにヒットさせなければなりませんが、アバウトな分、
打ちやすいはずです。

アプローチで距離感や方向性を高めるには、イメージトレーニングが効果的です。

シャドーイメージで、球筋を想像するのです。
シャドーイメージとは、身体を動かさずにイメージするのと違い、
身体を実際に動かして、イメージすることです。

ボールを高く上げたいときは、クラブを持たない状態で、
右手だけを動かして、シャドーイメージします。

腕を動かすことによって、イメージの鮮明度が格段に増します。
イメージの鮮明度が増すだけではありません。

実際のスイングでも、同じようなスイング軌道になるため、
手首が低い位置に入り、ボールが高く上がります。

ボールを低く出したいときは、左手だけでシャドーイメージします。
この練習をしてから、実際のスイングをすると、手首が上から下に移動しやすくなり、
ボールが低く出やすくなります。

球筋を決定したら、左手か右手のみのシャドースイングをゆっくり行います。
ゆっくりスイングしたほうが、イメージが出やすいからです。

次にクラブを持って、ゆっくりシャドースイングをします。
最後の実際にボールを打ちます。

この手順をルーティン化して、毎回アプローチすれば、
成功率は、格段に高まるはずです。