OKパーをとるためのアプローチ③


今回も、OKパーをとるためのアプローチについて、紹介したいと思います。

ラウンドでは、キャリーはどのくらいに出して、
ランは、どのくらい出すか、距離感が重要になってきます。

この比率は、クラブによって、変わります。
ピッチングウェッジのランは、サンドウェッジの倍くらい出るはずです。

使用するクラブを決定したら、どこにボールを落とすか明確にします。
アプローチのターゲットは、ピンとかボールが止まる場所ではなく、
ボールの落とし場所になります。

アプローチのスイングのポイントは、身体を回転させることです。
体重移動をする必要はないですが、身体の回転がないと、
手打ちになってしまい、アッパーブローで打ってしまいます。

脇が空かないようにして、手首の角度を維持して下さい。
フォロースルーを左に向けないようにして、飛球線方向に向けて下さい。

ボールを上げるか転がすか、いろいろと方法があります。
ボールを上げたい時は、腰の高さを低くすると良いです。
転がしたい時は、腰の高さを高くすると良いです。

ボールをセットする位置は、低いボールを打ちたい時は、
右側に置きます。
高いボールを打ちたい時は、左側に置きます。

グリーンお周りが、平坦であることはほとんどありません。
大抵何らかの傾斜があります。

左足下がりの傾斜の時は、傾斜に沿ったスタンスをとります。
スタンスは、若干オープンに構えます。

スイングは、傾斜に沿って振り、フォロースルーも傾斜に沿って、
低く長くスイングします。
上げようとしてしまうと、アッパーブローになってしまい、
トップの原因になるので、気をつけて下さい。

左足上がりの傾斜の時は、傾斜に沿って、立つのではなく、
フラットな地面に対して、垂直に立ちます。

フラットな地面に対して、垂直に立つと、下半身のブレがなくなります。
スイングのポイントは、インパクトで止めて、フォロースルーを取らないようにします。

無理にフォロースルーをとってしまうと、高いボールになってしまい、
距離感が難しくなるので、注意して下さい。

傾斜のあるライから、ボールを寄せるのは、なかなか難しいものです。
1ピン以内によれば、良しと考えましょう。

芝が薄いライでは、ボールを右側にセットして、ヘッドの刃から打ち込みます。
ボールプラス土も剥ぎ取るつもりで打ちましょう。