SWで寄せるアプローチ


今回は、SWで寄せるアプローチについて、紹介したいと思います。

SWでのアプローチが身体に染みついている方が、無理に他のクラブを使う必要はありません。
サンドウェッジで低いボールを打つアプローチをマスターしましょう。

SWで引くボールを打つためには、身体をオープンにします。
フォロースルーで低く長いスイング軌道を作ってあげるために、
身体をオープンにして、空間を作ってあげます。

一般的に、高いボールを打つときは、身体をオープンにして、
低く打つときは、クローズドスタンスにすると思います。
これが当てはまるのは、ショットの場合です。

30ヤード以内のアプローチでは、スイングの幅が狭くなるので、スタンスが逆になってきます。
低いボールを打ちたいときは、ボールの位置は、右サイドになります。

ボールを上げたいときは、フェイス面をオープンにして、スタンスをクローズドにします。
ボールを右サイドにセットしてあげると、肩の回転が不十分になってしまいます。

そうすると、フォロースルーで、ヘッドが空に向かっていって、
ボールが上がってしまい、距離が足りなくなってしまいます。

肩のラインをオープンにしていただいて、
低く長いスイング軌道にしていただくと、低いボールを打つことができます。