1、2、3練習法


今回は、1、2、3練習法を紹介したいと思います。

1、2、3のリズムでバックスイングしてダウンスイングする3拍子練習法は、
スイングのリズムをマスターするのに、有効な方法です。

皆さんは、3拍子のリズムでスイングして下さいと言われたら、
どのようなリズムをとりますか?

多くの方々が、同じようなリズムでスイングすると思います。
3拍子のリズムは、大きな歩幅でウォーキングする時にも同じようなパターンが見られます。

そのリズムは、人の心拍数と同じくらいと言われていて、
気持ち良いと感じるかもしれません。

ゴルフにおいて、この3拍子は非常に大切です。
一流ゴルファーは、スイングだけでなく、
歩く時も一定のリズムを保っています。

3拍子のリズムをスイングに取り入れることによって、
体重移動やスイングにリズムが出てきます。

足を肩幅に開いて立ちます。1、2、3の2、3で足を上げて、
足踏みをしてみて下さい。自分のリズムが分ってきます。

リズムを意識しないで、体重移動しようとすると、足が止ってしまい、
腰だけが左右にぶれてしまうので、注意して下さい。

今度は、実際のアドレスをとっていただいて、前傾角度を維持しながら、
足を上げて、3拍子でリズムをとってみて下さい。
背骨が真っ直ぐになるように意識すれば、軸が真っ直ぐになります。