1ピンのパットを沈める


グリーンの乗って、バーディチャンス。また寄せきれず微妙な距離が残る。
そのような時、ありがちな距離が1ピン、2メートル前後のパットです。

今回は、1ピン位の距離のパットの攻略法について紹介したいと思います。

正確なラインの読み

1ピンを攻略するには、正確なストロークとライン読みが重要になってきます。

1メートル前後なら、ライン読みが多少甘くても、
ストレートラインで強めに打てば、何とかなるかもしれません。

しかし1ピンでは、そういうわけにはいかないのです。

まずは、ライン読みの方法を説明します。

アドレスする位置とカップを挟んだ正反対の方向の
両方からラインを確認し、どのくらい切れそうか確認します。

そこからグリーンの低い地点に移動し、切れ具合を確認します。
次にカップの周辺に移動して、ラインをチェックします。

ボールの後ろ側に移動して、ラインとどの方向にボールを打ち出すかを確認します。

カップの向こう側のチェックは、大変重要です。
なぜならカップの向こう側のラインは、錯覚を起こしやすいからです。

カップ周りは、ボールのスピードが急激に落ちて、
ラインの影響をうけやすい
ので、十分に確認します。

ラインの目印は、2か所設けます。
1か所目は、ボールからカップに向かって20センチの場所です。
2か所目は、傾斜の影響とボールの減速によって、曲がり始める点です。

そうすると、ラインを描きやすくなります。

赤道付近の芯を打つ

アドレスした時は、ボールの赤道付近は、
パターヘッドの上側に位置しています。

この状態で、ボールが当たったら、ヘッドの芯から
外れた状態で、ボールを打つことになります。

ボールの赤道付近をパターの芯でヒットするには、
多少アッパーブローで打つことが必要になります。

まずはグリップです。柔らかく包むように握ります。
スイングは、振り子をイメージして、一定のリズムで振ります。

手首の角度を一定にして、両肘と手首を結んだ三角形が一定になるようにします。

立ち幅は、肩幅ぐらいが良いです。
手首は、身体の中心にくるようにします。

インパクトからフォローにかけて、手首の角度が変わらないようにします。

アッパーカットで打ちやすいように、
ボールは左わきの下にセットします。

正しいストロークを体感するための練習法を紹介します。

腕を動かす意識を捨てて、腹筋でストロークしてみます。
腹筋は、かなりの力を入れてください。
手首を使わず、腕全体でボールを押し出す感覚が分かります。

次にボールの5センチ先に、コインを置いて、打ちます。
ダウンブローだと、ヘッドがコインに触ってしまいますが、
アッパーブローだと、ヘッドがコインに触れません。