1歩1歩進むアイアン練習法①


今回は、1歩1歩進むアイアン練習法について、紹介したいと思います。

多くの方々は、ゴルフのスイングにおいて、捻転が重要であることは、
理解されていると思います。

しかし捻転の仕方やスピードには個人差があります。
最初に、自分にあった捻転速度を見つけていくことが大切です。

アイアンの技術を高めるためには、身体の回転速度とクラブの動きを
連動させる必要があります。

身体のセンターにクラブを立てた状態にして下さい。
そのまま身体を左右に捻転してみて下さい。

クラブが上を向いた状態のまま、捻転できる速度が、
適正な捻転速度です。これ以上捻転速度を早くしてしまうと、
手首が早く戻りすぎてしまい、ヘッドが遅れてきてしまいます。

次に振り幅です。アドレス時の手首の形と角度を作ってみて下さい。
その時の形や角度を維持したままスイングできる幅が、
適正なアイアンの振り幅です。

多くの方々の振り幅は、時計の9時から3時くらいまでに収まると思います。
振り幅を確認したら、身体の捻転で、ストレートボールを打てるように
練習してみて下さい。

もし狙っている場所よりボールが右に行くようだったら、
手首の角度が変わってしまっている可能性があります。

その場合は、振り幅をもっと小さくしていただいて、
ストレートボールが打てるようになったら、徐々に
振り幅を広げていってください。