100を切るためのフェアウェイウッド


今回は、100を切るためのフェアウェイウッドについて、紹介したいと思います。

フェアウェイウッドを使う時に、多くの方々は、芝を払うように打った方が良いのか、
ダウンブローで打ちこんだ方が良いのか迷うところです。

今のフェアウェイウッドは、ヘッドが大きくなっているので、
アイアンのようなダウンブローよりドライバーのように、
芝を払うように打った方が賢明です。

スコア100を切るレベルの方々に多いパターンは、
ついボールを上げようとしてしまい、手首を使いすぎてしまうことです。

芝を払うように打つためには、低い弾道を打つイメージです。
低い弾道を打つイメージを持てば、左肩の上がりを防ぐことができ、
左サイドが流れてしまうことも防ぐことができます。

インパクトゾーンで、ヘッドが走りやすくなります。
ヘッドが走るためには、左サイドに壁を作ることです。

インパクトでは、ボールの右側を左目で見つめるようにします。
頭の位置が流れにくくなり、身体が飛球線方向に動いてしまうことを
防いでくれます。結果的に壁ができやすくなります。

頭の位置が動いていなくても、目標方向を少しでも見てしまうと、
ボールを上げようとしてしまい、ミスショットの原因になってしまいます。

目線が重要になってくるのは、インパクトだけではありません。
アドレスの時には、目線を目の高さに維持します。

アドレスの時の胸の位置は、ボールに向くようにします。
腰のラインは、できるだけ地面と水平になるようにします。

ダウンスイングでは、右肩が上がらないように注意して下さい。