15ヤード飛ばすバンカーショット


今回は、15ヤード飛ばすバンカーショットについて、紹介したいと思います。

多くの場合は、バンカーからグリーンまでの距離は、コースにもよりますが、
だいたいが15ヤード前後です。

つまり15ヤード飛ばせれば、グリーンに乗る計算になります。
15ヤードプラス高いボールが打てれば、グリーンからこぼれてしまうこともありません。

15ヤード飛ばして、さらに高さを出していくためには、
足のどこに体重をかけるかが重要になってきます。

かかとに体重を乗せてしまうと、下半身を使いにくくしてしまいます。
重心を上げて、つま先に体重を乗せて打つと、
下半身を上手く使うことができて、砂とボールを飛ばすことができます。

一般的には、バンカーショットでは、通常のアプローチの3番の力で打てと言われます。
しかし、アマチュアゴルファーの方が、その通りに打とうとしても、
ホームランを恐れてしまい、バックスイングを大きく上げた割には、
恐怖からインパクトを緩めてしまうケースが多いようです。

インパクトでの緩みを防止するためには、バックスイングは小さめにします。
バンカーから脱出する程度の距離なら、バックスイングは腰の高さくらいで大丈夫です。

バックスイングは、全般的に小さめにします。
そうするとインパクトが緩んだりすることがなくなり、下半身を大きく使うことができます。

逆にフォロースルーは、大きめにしていきます。
バックスイングの倍くらいのフォロースルーをとるようにしていきます。