2段階バックスイング


今回は、2段階バックスイングについて、紹介したいと思います。

多くのゴルファーの方々は、アドレスから一気にトップまでもっていこうとします。
バックスイングで上げるスピードを加速してしまうと、ダウンスイングで緩みが出てしまいがちです。

またトップを気にしすぎてしまうと、バックスイングのタイミングがつかめないことがあります。
これらの問題を防ぐために、2段階バックスイングがおススメです。

第一段階は、飛球線の反対方向に、まっすぐに引いていきます。
身体を回転させて、トップまでもっていくのが、第二段階です。

アドレスからまっすぐに50センチくらい引いていきます。
最低30センチから最大60センチまでの間にかけて、引いていきます。

ヘッドの動きは、できるだけ低く長く引いていきます。
右ひざが右に流れていかないように、下半身を踏ん張ってください。

トップでは、左肩があごの下に入るまで、十分に捻転させてください。
トップの段階では、左ひじが突っ張らないようにして下さい。

左ひじは、余裕をもって、リラックスして下さい。
左ひじに余裕を持たせることによって、ダウンスイングを加速させやすくなります。

2段階とはいえ、動きが止まってはいけません。
スイングは連続運動にして下さい。