前傾角度のキープとスイングリズム・テンポを同時にマスターする練習ドリル

前傾角度のキープとリズムを整える事が出来る練習ドリルについて、紹介したいと思います。

コースに出ると、前傾角度が変わってしまったり、
スイングリズムが速くなってしまう方は、多いと思います。

そこで、練習場で出来る前傾角度のキープ方法と
スイングリズムの整え方について、お話ししたいと思います。

前傾角がキープできない方は、ヘッドアップが早かったり、
お尻が飛球線方向に出てしまったり等、さまざまな原因があります。

今回のドリルは、打ちながら覚えていただく方法です。
マットの上にボールを縦方向に2個セットします。

2つ並んでいるボールの手前から、アドレスを作っていきます。
アドレスを作ったら、肩から肩までのスリークオーターの振り幅で、
手前のボールを打ちます。

この時、ボールから眼を離さないようにして、前傾角度をキープします。
フィニッシュまで、ボールを見続けて下さい。
aa

打ち終わったら、動きを止めないで、クラブをバックスイングしていきます。
次は、奥のボールを打つので、バックスイングした時に、右足を前に移動します。

最後に左足を前に移動して、踏み込みながら、奥のボールを打ちます。
フィニッシュを大きくとって下さい。

1個目のボールを打つ時は、ゆったりとしたスイングをします。
前傾角度をしっかりとキープして下さい。

2球目は、大きくフォロースルーをとって、フィニッシュを決めて下さい。

1球目で前傾角度がキープできていないと、2球目を打つ準備ができず、
しっかり打つことができなくなってしまいます。

この練習を続けることによって、前傾角度とスイングリズムを改善することができます。

こちらの動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。

フィニッシュを安定させる方法!ポイントは下半身にあり

フィニッシュでいつもよれよれになってしまう方必見のレッスンです。
finish

【お悩み】==========================
下半身が安定しなくて、フィニッシュでよれよれになってしまいます。
何か解決方法がありましたら、教えて下さい!
===============================

とのご質問にお答えしたいと思います。

気をつけていただく点が1つあります。下半身の動きです。

左足の動きですが、左足が流れてしまうと、
身体がくの字になってしまい、フィニッシュが安定しません。

フィニッシュを安定させる練習方法ですが、
フィニッシュが安定しない原因は、フィニッシュで両足の太ももの間が
離れてしまうことにあります。

フィニッシュを安定させるためには、両足の間に隙間ができないことが重要です。
そこで重要になってくるのが、両足の太ももの内側を意識することです。
左足と右足をイメージしてもらい、緊張感を持たせます。

フィニッシュで、両足の太ももの内側を緊張させて、引っ付ける動作を入れて下さい。
両足を引っ付けることによって、体重が左足に乗ってきて、身体の軸が曲がらない
まっすぐなフィニッシュをとれるようになってきます。
aa

両足の内側が離れてしまうと、フィニッシュが安定してきません。
左足が流れず、右足が前に出ないことが大切です。

両足の内側を意識して、ぎゅっと引っ付けるような意識を持ってみて下さい。

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。

ダウンスイングは下半身始動!手打ちはアウトサイドインの原因

ダウンスイングの下半身リードをマスターするために練習方法をご紹介します。

Feb_Flick

【お悩み】=======================
雑誌を見ていると、ダウンスイングは、トップを上げてから、
振り下ろすだけと書いてありますが、要領がよく分かりません。
============================

という質問を解決します。

バックスイングからダウンスイングにかけて、手を振り下ろすだけという感じになってしまうと、手打ちになってしまうことが多いです。

本来であれば、下半身から左の膝が元の位置に戻り、
腰が回転して、肩が動いて、手が動いて、最後に手が動いてくるはずです。
下から順番に動いてくるのが、正しいダウンスイングです。

ダウンスイングで手を使ってしまうと、スイング軌道がアウトサイドインに
なってしまいます。左腰を回転していくイメージで動かしていくと、
スイングプレーンに沿った身体の動きになってきます。

練習場では、鏡を見ながら、ダウンスイングの始動で、
手を上下に動かしている姿を見かけます。

しかし実際には、膝から始まり、腰、肩と下から動かすことによって、腕が下りてきます。

そこで正しい動きをマスターするための練習方法を紹介したいと思います。
通常通りにバックスイングを上げていきます。

ハーフスイングで結構ですので、肩の高さまでバックスイングします。
ダウンスイングに入る時に、左足を上げます。

踏み込んでから、ダウンスイングを開始していきます。
上半身はトップの位置で止めておいて、左足を踏み込んでから、上半身を始動していきます。
下半身の動きによって、上半身が始動する習慣を身につけてみて下さい。

動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。