OKパーをとるためのアプローチ③

今回も、OKパーをとるためのアプローチについて、紹介したいと思います。

ラウンドでは、キャリーはどのくらいに出して、
ランは、どのくらい出すか、距離感が重要になってきます。

この比率は、クラブによって、変わります。
ピッチングウェッジのランは、サンドウェッジの倍くらい出るはずです。

使用するクラブを決定したら、どこにボールを落とすか明確にします。
アプローチのターゲットは、ピンとかボールが止まる場所ではなく、
ボールの落とし場所になります。

アプローチのスイングのポイントは、身体を回転させることです。
体重移動をする必要はないですが、身体の回転がないと、
手打ちになってしまい、アッパーブローで打ってしまいます。

脇が空かないようにして、手首の角度を維持して下さい。
フォロースルーを左に向けないようにして、飛球線方向に向けて下さい。

ボールを上げるか転がすか、いろいろと方法があります。
ボールを上げたい時は、腰の高さを低くすると良いです。
転がしたい時は、腰の高さを高くすると良いです。

ボールをセットする位置は、低いボールを打ちたい時は、
右側に置きます。
高いボールを打ちたい時は、左側に置きます。

グリーンお周りが、平坦であることはほとんどありません。
大抵何らかの傾斜があります。

左足下がりの傾斜の時は、傾斜に沿ったスタンスをとります。
スタンスは、若干オープンに構えます。

スイングは、傾斜に沿って振り、フォロースルーも傾斜に沿って、
低く長くスイングします。
上げようとしてしまうと、アッパーブローになってしまい、
トップの原因になるので、気をつけて下さい。

左足上がりの傾斜の時は、傾斜に沿って、立つのではなく、
フラットな地面に対して、垂直に立ちます。

フラットな地面に対して、垂直に立つと、下半身のブレがなくなります。
スイングのポイントは、インパクトで止めて、フォロースルーを取らないようにします。

無理にフォロースルーをとってしまうと、高いボールになってしまい、
距離感が難しくなるので、注意して下さい。

傾斜のあるライから、ボールを寄せるのは、なかなか難しいものです。
1ピン以内によれば、良しと考えましょう。

芝が薄いライでは、ボールを右側にセットして、ヘッドの刃から打ち込みます。
ボールプラス土も剥ぎ取るつもりで打ちましょう。

右プッシュでもボールを飛ばす方法

今回は、右プッシュでもボールを飛ばす方法について、紹介したいと思います。

右プッシュとは、ターゲットよりもボールが右に飛んでいってしまう現象です。
一見単なるミスショットのようですが、そんなことはないようです。

右プッシュは、ナイスショットになることがあり、飛距離も出ていることがあります。
右プッシュのボールを打つためには、ダウンスイングでの軌道は、
インサイドから降りてくる必要があります。

スライスになるアウトサイドインでは、絶対に出ない球筋です。
右プッシュは、正しいスイング軌道であるインサイドから振り下ろしが出来ている証拠です。

しかし右にボールが行ったからと言って、右プッシュとは限りません。
ボールを打ちたい意識が強すぎて、ダウンスイングで身体が飛球線方向に流れたり、
ボールをセットする位置は、右に寄りすぎている場合は、右プッシュとは言いません。

またヘッドの根っこにボールが当たった場合も、右プッシュとは言いません。
右プッシュかどうかのポイントは、押し込む感じでインパクトを迎えているかです。

そのためには、フォロースルーを大きくとれるかが重要になってきます。
そして、スイング軌道が、自分から見て時計の4時から10時方向に抜けているかどうかです。

右プッシュアウトをマスターするためには、片手素振りが有効です。
まずは左手です。クラブを持たないで、インパクトで動きを止めてみて下さい。

次に右手で、ダウンスイングで左手をインパクトで止めて、右手は左手を
追い越すように振り抜いて下さい。

インサイドアウトの感覚が分かってきます。

障害物からのアプローチ

今回は、障害物からのアプローチについて、紹介したいと思います。

ラフからのアプローチでは、ボールが芝に沈んでいる時は、
ロフト角が多いサンドウェッジを使います。

サンドウェッジだとラフの中にエッジが入りやすくなります。
クラブは短めにグリップします。

ボールを右サイドにセットします。フェイス面はクローズドにセットします。
ボールの真後、後ろにエッジを落としていきます。

正確にヒットできてもダフリ気味でも、芝が挟まるので、
スピンは利きにくいです。その分、ランが多めに出ます。

ランを計算して、グリーンエッジとグリーンの間にボールを落としていきます。
もしラフの上にボールが浮いている状態であったら、
サンドウェッジで打ってしまうと、エッジがボールの下に入ってしまい、
距離感を出すのが難しくなります。

8番アイアンで、ランニングアプローチで狙っていきます。

正面にバンカーがある場合は、高いボールを打っていく必要があります。
バンカーを超えていくためには、15ヤードボールを浮かしていく必要があります。

フェイス面はオープンにします。スタンスもオープンにします。
ボールのセット位置は、身体のセンターより左サイドにセットします。

バックスイングとダウンスイングは、スタンスに沿って、スイングしていきます。
ボールを無理やり上げようとしないことです。

手首の角度を維持しながら、フェイス面の角度を維持しながら、
フィニッシュまで振り抜きます。