フィニッシュを高くする方法

今回は、フィニッシュを高くする方法について、紹介したいと思います。
ボールの方向性が安定しない方は、右ひじが緩んでしまい、
外に向いた状態でダウンスイングしている可能性があります。

このような症状を直すためには、フィニッシュポジションを変えることをオススメします。
ダウンスイングで右肩の位置が高いままスイングしてしまうと、
右ひじがアウトサイドに逃げてしまい、スイング軌道がアウトサイドインになってしまいます。

そうなるとひっかけが出やすくなってしまいます。
右肩の正しい動き方としては、アゴの下を低く長く動かしていくことです。
この時に、左足が伸び上がってしまうと、右肩が落ちてしまい、
クラブが遅れて入ってきてしまい、スライスやダフリが出やすくなってしまいます。

右肩の軌道が低く長く動いていけば、自然とフォロースルーが大きくなってきて、
フィニッシュの手首の手首は、高い位置に入ってきます。

ダウンスイングでは、左ひざの角度を維持したままにしてください。
そうすれば、右肩の動きは地面と平行に動くようになってきて、フィニッシュが高くなります。

アドレスでは、右肩よりも左肩が高くなるようにしてください。
その位置関係をキープしたままスイングしてください。

左右対称の動きで、ボールを打つ練習方法

今回は、左右対称の動きで、ボールを打つ練習方法について、紹介したいと思います。

スライスで悩んでいるゴルファーの方々は多いと思います。
スライスを直すためには、左右対称が大切です。
左右対称にするためのポイントは、スイングを横ぶりにすることです。

ひざの高さにボールがあるとイメージしていただき、
ひざにあるボールを打つ感じでスイングすると、スライスが直ってきます。

横ぶりができてくると、スイングプレーンが安定してきて、クラブに遠心力が生まれます。
逆にトップで手首の位置を高くしてしまうと、スイング軌道がアップライトになってしまい、
アウトサイドからクラブが入ってしまい、スライスの原因になってしまいます。

横ぶりでの注意点は、バックスイングでの手首は、身体の近くに小さく上げてくることです。
腕が力んでしまう時は、練習器具として販売されているゴムシャフトを使って素振りをしてみてください。

シャフトが身体に巻きつく感じが出てくれば大丈夫です。
ダウンスイングで、ヘッドを長く芝に接触させる練習方法もオススメです。

縦ぶりではなく、横ぶりでスイングしていただき、インサイドアウトの軌道を意識して、
低く長いインパクトを作ってみて下さい。この練習によって、
インパクトで長くボールを捉えることができて、スライスが減ってきます。

カラーとグリーンの境目

今回は、カラーとグリーンの境目について、紹介したいと思います。

最近のグリーン設定では、カラーを広めにする傾向が出てきています。
カラーが増えた分、パターで狙えるチャンスが増えてきました。

この理由として、グリーンが広く綺麗に見えるといった効果が期待できることが挙げられます。
しかしカラーカラーパターで狙うときは、注意が必要です。

グリーンとカラーの境目です。特にグリーンがベント芝で、カラーが高麗芝の場合です。
夏場になると、芽が強いベント芝が高麗芝に侵入してきます。

その結果、境目に芝が密集してしまい、壁のような障害物ができてしまいます。
密集した芝は、外側に向かって伸びていくので、
カラーカラー打つ場合は、逆目になってしまいます。

カラーにボールがある場合、パターを使用する判断基準について、説明させていただきます。
カラーからボールまでの距離が1メートル以内で境目からカップまでの距離が3メートル以内であれば、
パターをオススメします。フォロースルーを普段より多めにとってください。

ボールが沈んでいる場合はトップめに打つと、距離感が合いやすくなります。
これ以上距離がある場合は、ウェッジを使った方が、うまくいく場合が多いです。