分厚い当たりをマスターする練習ドリル

今回は、分厚い当たりをマスターする練習ドリルについて、紹介したいと思います。

アイアンでの飛距離を安定させるための要素は、ヘッドの入る角度と
ボールの回転量です。これらの要素を満たすためには、ヘッドをダウンブローで
真後ろから入れて、スコアラインの下から3本目のラインにボールが当たる必要があります。

ボールから飛球線方向にボール一個分離れたところに、架空のボールを地面の中に埋め込みます。
その架空のボールを打っていくイメージを持ちます。そうするとダウンブローで打ちやすくなります。

ダウンブローで打つポイントは、手首のコックをほどかないことと重心を維持したままスイングすることです。

クラブが長くなるほど、飛距離を出したい意識が強くなってしまい、
手首のロックが早くほどけてしまい、重心が上がり、アッパーブローになってしまいます。

アッパーブローを無くすための練習ドリルが、右手親指人差し指離しスイングです。
右手の親指と人差し指を離したままスイングしてみて下さい。器用な指を使わないことによって、
ボディターンが使えるようになって、ダウンブローが打ちやすくなります。

ダウンスイングでは、身体を右に向いた状態で、クラブを下してみて下さい。
上体の突っ込みを防ぎ、ヘッドスピードが上がってきます。

フェイス面のどこに当てるか

今回は、フェイス面のどこに当てるかということについて、紹介したいと思います。

アイアンショットで、常に同じ高さ同じ距離で打つためには、ヘッドの同じ場所で
インパクトする必要があります。

フェイス面のどこでインパクトすれば、安定したボールが打てるかと言うと、
スコアラインの下から3本目かつヒール寄りにボールを当てることが重要です。

ボールを上げようとしたり飛ばそうとすると、クラブがインサイドから降りてきてしまい、
地面に直接置いてあるアイアンショットは、ダフりの原因になることが多いです。

アイアンでは、ダウンブローかつボールの真後ろをたたくイメージが重要です。
そのようなスイング軌道になると、ヒール側にボールが当たるようになります。

インパクトを気にしてしまうと、フェイス面が気になってしまい、
かえってインパクトが不安定になってしまいます。

フェイス面を振ると言うよりは、シャフトを振る感覚を持つと、安定してきます。
ボールをセットする位置ですが、フェイス面の真ん中よりトゥ側にせっとします。

そうすると、シャフトを振る感覚になり、ヒール寄りにヒットしやすくなります。
手首の位置は、アドレス時とインパクト時の高さを一定にして下さい。

フェイス面の同じ位置に当たりやすくなります。

ショートアイアンの飛び過ぎとミドルアイアンの飛ばな過ぎを修正する方法

今回は、ショートアイアンの飛び過ぎとミドルアイアンの飛ばな過ぎを修正する方法について、紹介したいと思います。

ショートアイアンで、ロフト角が立ち過ぎてしまうと、ボールは飛び過ぎてしまいます。
ロングアイアンでは、ボールが低く飛び出してしまい、飛距離をロスしてしまいます。

この二つを解決する秘訣が、右手の平です。右手の平をフェイス面と仮定して下さい。
手首が腰の位置に来た時に、右手の平が正面を向くようにして下さい。

ヘッドのトゥ側が空を向くようにして下さい。
バックスイングでは、右わきを締めた状態で、クラブを上げてくると、
右手の平が正面を向いて、ヘッドが空を向くようになります。

バックスイングで、フェイス面が地面を向いた状態で上げてしまうと、
ロフト角が立ち過ぎてしまうので、注意して下さい。

距離感を安定させるためには、インパクトでボールに当たる力が、一定である必要があります。
練習ドリルとしておすすめなのが、マットの右端ドリルです。マットの右端にボールをセットしていただいて、
ボールを打ちます。ダウンブローすぎてしまうと、クラブを傷つけてしまいます。
アッパーブローでは、マットごと打ってしまいます。

適切な角度でクラブを下してくる感覚が身につきます。