ピンの寄せるためのバンカーショット

今回は、ピンの寄せるためのバンカーショットについて、紹介したいと思います。

ピンの寄せるバンカーショットを打つためには、ピンに寄せようと思うことはNGです。
ピンに寄せようと思うことは、ピンの手前に落とそうと思うことです。

ピンの手前に落とそうと思うと、インパクトが緩んでしまい、ヘッドが砂の重みに負けやすくなってしまいます。

砂にヘッドが負けてしまうと、予想以上にボールが飛ばずに、ショートしてしまいます。
ターゲットをピンフラッグに設定します。

ピンフラッグの高さまでボールを出す意識で打つと、ピンにボールが寄りやすくなります。
ピンの手前をターゲットにする方法は、かなりの経験値が必要になってきます。

経験が少ないアマチュアゴルファーの方であれば、ピンフラッグを狙うことによって、
しっかりフォロースルーをとることができて、カップの近くでスピンがかかり、
止まりやすくなります。

ピンフラッグを狙うためには、まずピンを確認します。
ピンを見ることによって、右肩の位置が少し下がります。
その時の上半身の位置をキープすることによって、
ボールが上がりやすくなります。

アドレスをボールに近づけます。
そうすることによって、ヘッドが上から入り、ボールが上がりやすくなります。

インパクトからフォローにかけて、身体を回転することによって、
ヘッドが抜けやすくなります。

ピンが手前にある時のバンカー越えのショット

今回は、ピンが手前にある時のバンカー越えのショットについて、紹介したいと思います。

バンカーを超えたと思ったら、グリーンの手前にピンが切ってある状況は、
非常にプレッシャーがかかります。

ピンを寄せようと思ったら、リスクを背負う必要があります。
ピンに寄せるかバンカーを超えることを優先するかを明確にします。

迷いながら打つと、インパクトが緩んでしまう原因になるので、
注意して下さい。

ボールがラフにあって、ラフに埋まっている場合は、
ピンに寄せるのは危険が多すぎます。

ボールの下側にヘッドを入れるスペースがある場合は、
ピンに寄せることができるかもしれません。

ショットのポイントは、スイングをコンパクトにすることです。
コンパクトスイングを心がけることによって、
ボールがヘッドに追い越されるようにして、
ヘッドを振り抜いてあげます。

ふぉろおースルーでは、手首が身体から離れないようにします。
手首を身体の近くを通るようにして下さい。

ヘッドを加速させようとして、手打ちになってしまうと、
距離感や方向性が狂ってしまいます。

両わきを締めていただいて、身体の回転を使っていきます。
フォロースルーで、手首が身体から離れないようにして下さい。

バンカー越えショット

今回は、バンカー越えショットについて、紹介したいと思います。

バンカー越えのショットは、バンカーに入ったらやだなーとか
高いボールを打ちたいという気持ちが強くなり、
インパクトで身体が伸びてしまったり、アッパーブローになりやすい傾向があります。

距離感も必要になってくるために、インパクトが緩んでしまうこともあります。
バンカーを気にせずに打てたら最高ですが、気にするなと言われても気にしてしまいます。

バンカー越えショットで最悪のミスは、インパクトが緩んでしまうことです。
手打ちになってしまうと、ミスショットが出やすいので、
ピンをオーバーするくらいの感じでスイングしてみて下さい。

スタンスは、ワイドにとります。そうするとスイング軌道が、
低く長くなるので、ヘッドスピードが上がって、
高いボールを打ちやすくなります。

スタンスを狭くしてしまうと、スイングが小さくなってしまい、
距離感が難しくなってしまいます。

高いボールを打つためには、ヘッドが加速する必要があります。
しっかりとフォロースルーをとるようにします。

バンカー越えのショットでは、地面がラフのケースがほとんどです。
フェイス面をオープンにしていただき、ソールの後ろ側が
地面に付くようにスイングすれば、フォロースルーをとることができます。