ボールの半分まで埋まったラフからの脱出方法

今回は、ボールの半分まで埋まったラフからの脱出方法について、紹介したいと思います。

ラフに結構埋まっているボールを打つ際は、
芝の抵抗を受けることになります。

しかし地面まではボールが落ちてしまってはいません。
そのような場合、ダウンブローで地面に打ち込むことは
危険です。

打ち込んでしまうと、確実にザックリしてしまいます。
かといってボールをすくい打ちしてしまうと、
芝の抵抗に負けてしまいます。

両肩のラインは、右肩を上げて、左肩を下げるようにします。
ヘッドをダウンブローで打ちこむようなスイング軌道になる
アドレスですが、横から払うように打っていきます。

グリップは、手首を上げて構えます。
グリップだけで手打ちになることを防いてくれて、
ボディターンで打っていけるようになります。

バックスイングでは、アップライトに上げていきます。
左肩を低く構えていただいて、ダウンスイングは、
アウトサイドインに下していきます。

インパクトからフォロースルーまで一気に振り抜きましょう。
アドレスのひざですが、通常のスイングのように、
曲げるのではなく、ひざを突っ張って下さい。

ひざのアクションは、必要最低限にしていただいて、
芝ごとボールをヒットします。

テンションと目標設定

今回は、テンションと目標設定について、紹介したいと思います。

ラウンド中は、常にテンションは変化しています。テンションとは、感情を意味します。

緊張状態にある時、当然テンションは高まります。
テンションが高まっている時は、心臓はドキドキしてきて、手足は固くなりやすくなります。

このような時に、絶対バーディーとるとかパープレーで上がるなど結果を意識してしまうと、
不安のようなマイナスな感情が出やすくなります。

テンションが高い時は、結果ではなく、行動を意識します。
行動とは、笑顔でプレーするとかルーティンを守るなどです。

そうすると、よい緊張感が生まれやすくなります。

逆にテンションが低い時に、行動を意識してしまうと、
退屈といったマイナスな感情が出やすくなります。

このような時は、結果に関する目標を唱えるようにします。
そうすると、退屈な感情は少なくなり、リラックスといったポジティブな感情が芽生えてきます。

ラウンド中は、様々なテンションや感情が出たり入ったりしています。

その時の感情によって、唱える目標を使い分けて下さい。

パットのグリップ

今回は、パットのグリップについて、紹介したいと思います。

通常のパットの際は、多くの方は、オーバーラッピンググリップかインターロッキンググリップだと思います。

しかしパットでは、グリップの形を変えた方が良いです。
右手小指の上に左手人差し指を重ねるリバースオーバーラッピンググリップがおすすめです。

このグリップが、一番一般的なはずです。
右手の平全体と指全体でグリップすることによって、
右手の感覚を活用することができます。

多くの方は、ボールの後ろからラインを読むと思います。
距離の感覚を大事にしたら、その感覚を右手に送ります。

その感覚を大切にして、ストロークします。頭であれこれ難しいことを考えずに、
感じた距離感を大切にして、ストロークしてみて下さい。

グリッププレッシャーは、ほどほどにしてください。
パターがすっぽ抜ける一歩手前くらいでグリップしてください。

プレパットルーティンですが、右手の親指、人差し指、中指の3本でパターをつまんで下さい。
顔の正面にシャフトをセットしていただき、ラインを感じて下さい。

ラインを感じたら、右手でクラブをグリップして下さい。
ボールの横まで移動してアドレスして下さい。

アドレスを合わせたら、左手を添えていただき、両手でグリップしますす。

グリップしたら、ボールの打ち出しラインを確認しながら、
数回素振りをしてみて下さい。両手でパターをグリップした状態で、ヘッドをールにセットします。

ラインをイメージしながら、ストロークを開始します。