一流プレーヤーのプレショットルーティン

今回は、一流プレーヤーのプレショットルーティンについて、紹介したいと思います。

世界のトップゴルファーの特徴は、
ルーティンを開始してから、バックスイングが
開始されるまで、動作が一定になっています。

一定の動作を一定のリズムで行うことを
プレショットルーティンと言います。

最終ホール、この一打で勝敗が決まるような
場面でも、一定のプレショットルーティンを
実施することで、いつもと同じスイングをすることができます。

ルーティンにルールはありません。
自分に一番合ったルーティンを探すことが重要です。

マスターズで優勝したある一流ゴルファーは、
右肩までクラブを上げてくる大きめのワッグルを
しています。ルーティンは、個人差が大きいテクニックです。

ティアップした後、ボールの後方に立って、
クラブを立てて、左手のグリップを決めます。

左手でクラブを握った状態を維持したまま、
アゴを上げて、上を向きます。
腰の位置を意識していただいて、
右手で腰を触ります。

ボールの正面で素振りをしていただいて、
フェイス面を飛球線に対して、スクエアに構えます。

軽く足踏みをしていただいて、
身体が硬くなる前に、バックスイングを開始します。

ボールの後方から、アドレス位置に向かう際に、
スパットに視線を落とすと、身体が右を向きにくくなります。

スイートスポットでインパクトを迎えるための練習ドリル

今回は、スイートスポットでインパクトを迎えるための、練習ドリルについて、紹介したいと思います。

ゴルフで体重移動は重要ですが、
体重を右に動かすことを意識しすぎて、
身体が右サイドに流れてしまうだけに
なっている方がいます。

身体が右サイドに流れてしまうだけだと、
身体の軸がずれてしまうだけになってしまいます。

ゴルフスイングにおいて、
体重移動をする必要はありません。

背骨を中心にして、
身体を捻転していきます。

身体を捻転することによって、
体重は右足のインサイドに自然に移っていきます

内側のインサイドに体重が乗れば、
ダウンスイングでは、左サイドのインサイドに
乗っていきます。

トップポジションが決まる前に、
ダウンスイングを開始してしまうと、
打ち急いでしまい、フェイス面に正確に当たらなくなってしまいます。

打ち急ぎを防ぐために、トップポジションでは、
一度止める感覚が必要です。

トップポジションで一度止めていただき、
一気に振り抜いていきます。

そうすると、身体と腕のバランスが一体化して、
フィニッシュまで振り抜くことができます。

フォロースルーでは、身体の回転を意識して、
フル抜くようにしてください。

ヘッドを上に向かって振り抜くようにすると、
綺麗なフィニッシュがとれます。

インパクトでフェイス面をスクエアにするバックスイング

今回は、インパクトでフェイス面をスクエアにするバックスイングについて、紹介したいと思います。

近年のドライバーは、ヘッドが大型化しています。
バックスイングは、手首を返さないようにして、
フェイス面をクローズドにしたまま上げることが
勧められています。

ですが、身体の回転速度が遅い多くのゴルファーの
方々は、手首が先行して上がってしまいます。

フェイス面をクローズドのままにして上げてしまうと、
インパクトで、ヘッドの根っこにフェイス面がオープンになって、
当たってしまいます。

バックスイングの始動は若干手首を使っていただいて構わないので、
フェイス面をオープンにして、ヘッドを上げていきます。

フェイス面をオープンにして上げていくと、
ダウンスイングで閉じて下りていきます。
インパクトで、結果的にスクエアになって当たります。

バックスイングでインサイドに引きすぎてしまうのはNGです。
インサイドに引きすぎてしまうと、
ダウンスイングがきつくなりすぎてしまい、
身体が伸びてしまいます。身体が伸びてしまうと、
ジャストミートはなかなかできません。

バックスイングは、飛球線の反対方向に上げていく感じが
ちょうど良いです。
手首や肘は真上に上げていく感じです。