簡単なバンカーショットの打ち方

今回は、簡単なバンカーショットの打ち方について、

紹介したいと思います。

 

サードショットで重要になってくるのが、

バンカーショットです。

 

バンカーショットをマスターできれば、

パーセーブの確率がグーンと上がります。

 

スタンスですが、通常のショットの同じである

ストレートスタンスで大丈夫です。

 

手首は、左足の太ももの内側にセットします。

クラブヘッドは、スタンスのセンターにセットします。

 

ボールは、そのすぐ左にセットします。

リーディングエッジとシャフトは、まっすぐにセットします。

 

バンカーショットのアドレスと言えば、

オープンスタンスですが、実はオープンスタンスが

曲者なのです。

 

オープンスタンスだと、オープンの角度を一定にすることが

難しく、安定したスイング軌道を再現することが難しくなってしまいます。

 

スイング方法は、通常のショットと同じにしていきます。

ダウンスイングでは、上から打ち下ろす必要はありません。

 

フォロースルーは、ターゲット方向に向かって、

スイングしていって下さい。

 

アドレスの向きとスイングの方向が一致すると、

ヘッドもナチュラルに抜けていきます。

 

適度に砂が爆発して、距離も高さも簡単に

出るようになってきます。

 

チップインも十分に狙うことができます。

ホームランを防ぐためのバンカーショット

今回は、ホームランを防ぐためのバンカーショットについて、

紹介したいと思います。

 

一見したところ、たいして難しくないような

バンカーから、いつも通りにバンカーショットをしてみたら、

トップしてしまい、大ホームランをかっとばしてしまった。

 

一度でも大ホームランをかっ飛ばしてしまうと、

次のショットでは、大ホームランのイメージが出てしまい、

怖くて打てないものです。

 

しかしホームランを防ぐ対策を知っていれば、

大丈夫です。

 

ホームランの原因は、ダフリに不安を感じていたり、

距離を出したいがために、砂を取る量が少ないのが原因です。

 

最初にチェックしておきたいことは、

完璧にクリーンヒットしていなくても、

高いボールを打つことができて、

距離を出すことができることです。

 

また砂をある程度はとっていただいて、

砂を多めに取った方が、ボールは転がってくれて、

打ちやすいということです。

 

実際のスイングでいうと、左方向に身体が流れてしまったり、

身体が起き上がってしまったり、ハンドファーストが強すぎると、

ボールにエッジが当たりやすくなってしまい、

ホームランが出やすくなります。

 

上体の角度を変えないで、ヘッドの動きを

先行させていくと、たいていの場合は、

ホームランになることはありません。

 

バンカーに足を埋めていただいて、

左足をさらにバンカーに埋め込んで、

左足下がりの状態を作ります。

 

これだけで、ホームランを防ぐことができます。

身体の軸を使ったスイング

今回は、身体の軸を使ったスイングについて、

紹介したいと思います。

 

身体の軸を使っていないスイングの特徴としては、

土ふまずがどうなっているかです。

 

土ふまずが浮いてしまって、足がめくれやすくなってしまうと、

軸をうまく使うことができません。

 

土ふまずが浮いてしまう原因としては、

足の指が丸まった状態が考えられます。

 

 

足の指が丸まってしまうと、

土踏まずが地面から離れてしまい、

足が上がってしまいます。

 

足が上がってしまうと、スイング軸が

ずれてしまうのです。

 

スイング軸がしっかりするためには、

足の指を思い切って開くことがポイントです。

 

足の指を思い切り開いたら、つま先に

体重を乗せていきます。

 

つま先を思い切り開いて、体重を乗せたら、

スイングしていきます。

 

そうすると、土踏まずが地面から離れることなく、

軸を保ったままスイングをすることができます。

 

足の指を開くことは、意外と難しいものです。

普段から足の指を開く習慣をつけておくことが重要です。

 

足の指を開くことができるようになったら、

軸をさらにしっかり安定させる練習ドリルを紹介します。

 

左手1本で、スイングしていきます。

左手1本でスイングするためには、しっかりと

左足で踏ん張る必要があります。

 

左手1本でも、踏ん張れたら、大丈夫です。