ミスに応じたラウンド直前練習法①


今回は、ミスに応じたラウンド直前練習法について、紹介したいと思います。

ラウンド直前の練習法は、普段どんなミスをしやすいかによって、変わってきます。

1.スライス、チーピンが出やすい
いきなりスライスが出たと思ったら、次のショットでは、
左へ引っかけたり、チーピンが出てしまった。このような経験はありませんか。

スライスやチーピンの原因は、スイング軌道がアウトサイドインになっていることが考えられます。

そのような時は、左腕1本で素振りをすることをおススメします。
インパクトからフォロースルーにかけて、ヘッドの遠心力を使って、
飛球線方向に放り投げるような感覚で、スイングしていきます。

左腕1本素振りを繰り返すことで、スライスやチーピンの原因となる右肩が
前に出ることがなくなり、スイング軌道がインサイドインになってきます。

左腕1本スイングに慣れてきたら、両手で握り、スイングしてみて下さい。
この時、右腕はリラックスするようにして下さい。

左腰が後ろに引けてしまい、体重が右に残ってしまうと、
フォロースルーで、クラブはインサイド方向に抜けてしまいます。

体重移動を忘れないようにして、フォロースルーをして下さい。
左ひじを締めないようにして下さい。

左ひじを締めないかわりに、左脇を締めるようにして下さい。
そうすると、フォロースルーにかけて、振り抜きやすくなります。