3パットしないパターのルーティン


今回は、3パットしないパターのルーティンについて、紹介したいと思います。

多くのゴルファーの方々は、丁寧なプレショットルーティンを行うにも関わらず、
パターのルーティンは、大雑把な方が多いと思います。

しかしパターこそルーティンが重要になってきます。
パターの結果は、ルーティンで大体決まると言っても過言ではありません。

パッティングラインやスパットの見つけ方は、
起こりがちなパットのミスを防ぐために、大変重要です。

多くの方々は、ラインを決める際に、ボールの中心とカップの中心を結んだ線で決めると思います。
しかしひっかけが出やすい方は、別のラインを設定すると良いです。

ラインを意識し過ぎてしまうと、スイング軌道が乱れやすくなるので、
通常のラインプラス足側にもうひとつラインを設定します。

パッティングする時は、通常のラインではなく、
足側のラインよりボールが足側に行かないように、パッティングしていきます。

ひっかけが出やすい方は、スイング軌道がイントゥインになりやすいので、
ボール位置を若干右側にセットしていただくと、ひっかけを防止できます。

一般的なルーティンですが、大体のラインを推測して、スイングの幅を決めていきます。
スイングの幅が大幅に決まったら、アンジュレーションを予測して、スパットを決定します。

アドレスに入ったら、素振りをしないで、スパットめがけて、ストロークを開始していきます。
曲がり幅が大きいラインに強くなるためには、
強めに打った時の曲がり幅と弱めに打った時の曲がり幅を交互に打ち分けて、
ストロークの強さと曲がり幅のバランスを磨いてください。