3mのパットを決めるコツ


今回は、3mのパットを決めるコツについて、紹介したいと思います。

パットを打つ時、最初にすべきことは傾斜を読むことです。
下りか上りかスライスかフックかを見極めることが必要になってきます。

傾斜を読んだら、カップまでラインを鮮明にイメージします。
ラインをイメージしたら、ボールから20~30センチくらい離れたところに
小目標を設定します。

小目標を設定したら、そこに向かってヘッドを垂直にセットします。
あとはまっすぐ引いて、まっすぐ押し出すだけです。

しかしまっすぐ引いて押し出すことがなかなかできないと思います。
まっすぐ引くためのポイントは、右手にあります。

右手をかぶせて握ってしまうと、バックスイングをアウトサイドに引きやすくなります。
そこで、右手を浅く握るようにします。右手の甲が飛球線の後方を向くようにします。

右手の甲をストレートに引くようにすれば、自然とヘッドもまっすぐ引けるようになります。

次にボールの位置です。身体のセンターにボールを置くと、
バックススイングが大きくなり、正確にヒットできなくなります。
正確にヒットできないと、方向性、距離感がずれてしまいます。

ボールの位置は、左足かかと線の延長線上にします。
するとバックスイングが適度になり、まっすぐ引きやすくなります。

まっすぐ打つためには、まっすぐ引くことが大切になってきます。
まっすぐ引けば、ヘッドの向きは一定になり、まっすぐにボールを打ち出すことができます。

まっすぐ引くための練習を紹介します。
ボールの前後にクラブを置きます。
クラブの幅は、最初はパターヘッドよりも広めに取って下さい。
クラブシャフトの向きは、飛球線に合わせます。

シャフトからはみ出さないように、ストロークして下さい。
慣れてきたら、シャフトの間隔をだんだん狭くしていきます。

最後は、シャフトの間隔がヘッドの幅とほぼ同じになるまで、
狭くして下さい。

他には、バックスイングを小さくする練習もあります。
多くのゴルファーの方が、バックスイングを大きくする傾向があります。

バックスイングが大きくなると、インパクトがパンチショットになってしまい、
方向性と距離感がずれてしまいます。

3mくらいなら、バックスイングは右足の前あたりまでで充分です。
小さなバックスイングで、大きなフォロースルーを心がけて下さい。

フォロースルーで左肩を動かしてしまうのは、NGです。
左肩を動かしてしまうと、軸がぶれてしまい、まっすぐに打つことができません。

左手の甲を飛球線方向に動かします。
同時に左肘も飛球線方向に動かしていきます。
そうすると、真っ直ぐに打ち出すことができます。