30センチの振り幅で、パッティングの緩みを解消する方法


今回は、30センチの振り幅で、パッティングの緩みを解消する方法について、紹介したいと思います。

パッティングで禁物なのが、小さなバックスイングでの練習法です。
通常通りにアドレスしていただいたら、30センチくらいバックスイングを引いてきます。

目印を置いておくとわかりやすいと思います。目印よりは、大きくバックスイングをしないでください。
バックスイングを大きくしてしまうと、インパクトが強くなることが怖くなってしまい、
ボールに当たる瞬間に、ストロークが緩んでしまうので、注意してください。

バックスイングと同じテンポで、ダウンスイングしてみてください。
ボールが転がる距離は、5メートルを目標にしてください。

バックスイングを小さくすることによって、パッティングでの緩みを解消することができます。
次にボールの位置です。左足の外側にボールをセットすると、
ストローク軌道がアッパーブローで当たってしまい、ヘッドを低く長く出すことができなくなってしまいます。

ボールは左目の真下くらいにセットすると、若干ダウンブローになってきて、
低く長いストロークにすることができます。

ダウンブローをマスターするためには、ボールの手前にティを深く刺して、
ボールをティに当たらないように打ってみてください。

ティに当たらないように打てたら、ダウンブローで打てていることになります。