30ヤード以内のアプローチ


今回は、30ヤード以内のアプローチについて、

紹介したいと思います。

 

ゴルファーのとっての憧れの壁ともいえる

70台の壁。

 

70台をマークするためには、アプローチで

どれだけ寄せることができるかがポイントです。

 

最低でもワンピン以内には寄せたいところです。

アプローチで寄せていくためには、

バンスをうまく使っていくことが重要です。

 

バンスと言う、地面を跳ね返ってしまうイメージが

強いようですが、そんなことはありません。

 

バンスがあるからこそ、地面を滑っていき、

ボールを捉えることができるのです。

 

上級者はうまくバンスを使っているのです。

バンスを上手に活用すると、リーディングエッジが

地面から離れます。

 

地面とバンスの設置面積が少なくなります。

一見トップが出そうなイメージがありますが、

バンスが滑っていくことによって、

リーディンエッジがボールの下の方に

入り込んでいきます。

 

そうすると、ダフリやトップがなくなります。

バンスが滑ることによって、ボールの手前に

クラブが入っても、バンスが滑ってくれるので、

安心です。

 

インパクトでボールを長く捉えてくれるので、

ボールを確実にヒットすることができて、

スピンを効かせることができます。

 

練習場のマットと同じイメージでスイングできるところが、

ポイントです。