30ヤード練習法


今回は、30ヤード練習法について、紹介したいと思います。

調子が悪い時は、やみくもに多くのボールを長いクラブで打っても、
かえって調子が悪くなっててしまいます。

このような時は、サンドウェッジを使って、30ヤードを狙って打つ練習が効果的です。
30ヤードを打つのに必要なスイング幅は大して大きくないので、動き自体は、シンプルになります。

スイング幅を腰から腰までの高さに設定していただいて、スイングプレーンをイメージします。
そのスイングプレーンにクラブを重ねる感じでスイングしてみてください。

もしボールがまっすぐ飛ばなかったとしたら、スイング軌道に狂いが生じていることになります。
ボールがまっすぐ飛ぶようになるまで、練習を繰り返してください。

この練習で意識していただきたいのが右手です。ちょっとでも身体が突っ込んでしまうと、
右手の動きが窮屈になってしまいます。右手の動きが強すぎても、引っかけてしまいます。

右手と身体の動きを一体化して、スイングしてみてください。
右手だけで打ってみても、良い練習になります。事前に体重移動を確認することが大切です。

良いボールを打とうとすると、膝が左右にぐらついてしまいます。
膝の動きを安定させるためには、お尻を意識してください。

バックスイングした時に、右サイドの尻を上方に向けます。
ダウンスイングでは、左サイドの尻を上方に向けてください。