女子プロに学ぶスイングテクニック①


今回は、女子プロに学ぶスイングテクニックについて、紹介したいと思います。

1.ドライバー
まずは、一定のリズムで振ることを練習場から心がけます。
女性は身体が柔らいので、捻転は男性よりも得意な場合が多いですが、
身体が硬い場合は、ヒールアップして、しっかり上半身を捻転していきます。

腕は曲げないようにします。腕を曲げてしまうと、捻転を使えなくなってしまうので、
腕を突っ張らない程度に伸ばして、手首と身体の間隔が常に一定であることを心がけます。

ダウンスイングでは、ヒールアップした左足で地面を踏みつけることによって、
左サイドに緊張を感じることができ、ヘッドが走ります。

2.フェアウェイウッド
フェアウェイウッドの基本は、ボールを払うように打つことです。
そのために重要になってくるのが、ボールの位置です。

身体の中心部にあると、スイングの最下点でインパクトを迎えることになってしまい、
ダウンブローで打ちこみやすくなってしまうので、左足の親指の延長線上に
ボールをセットします。

ダウンスイングで、身体が左に流れてしまうと、ダウンブローになりやすくなるので、
ダウンスイングでは、左足の内側にしっかり緊張を感じるようにします。

また左足の内側が地面から離れないように、しっかり地面を踏みしめてください。