40ヤードバンカーショットのバックスイングとフォロー


今回は、40ヤードバンカーショットのバックスイングとフォローについて、
紹介したいと思います。

40ヤードもあると、エクスプロージョンショットでは、届きませんし、
フルショットしてしまい、ジャストミートしてしまうと、
グリーンをオーバーしてしまいます。

ライが砂になっているので、インパクトを調整したり、
スイングを調整して、40ヤードを届かせるのは至難の業です。

40ヤードバンカーショットでおススメしたいのが、バックスイングのふり幅を
小さめにして、フォロースルーを大きくする方法です。

バンカーショットでNGなのが、インパクトの瞬間に緩んでしまうことです。
緩みを防ぐためには、フォロースルーを大きくすることによって、
インパクトがゴールになるのではなく、スイングの一部になってしまいます。

ダフリ気味に入っても、ボールが飛ぶようになります。
ふり幅の割合ですが、バックスイングは3で、フォロースルーは7を目安にして下さい。
フォロースルーでは、肩をしっかり回しきって下さい。

飛距離を出そうとしてしまうと、頭や身体が左右にぶれてしまいます。
左右にぶれてしまうと、ヘッドが入る位置や角度が不安定になってしまいます。

毎回安定した位置と角度でヘッドを入れるためには、身体や頭を動かさないようにすることが重要です。
ボールの飛距離と高さを出したい時は、フェイス面を若干オープンにしてアドレスします。

インパクトからフォローにかけて、フェイス面をオープンから若干閉じてあげると、
飛距離と高さが出ます。