5メートル以内を狙うアプローチの秘訣


今回は、5メートル以内を狙うアプローチの秘訣について、紹介したいと思います。

アプローチで5メートル以内に止めることができたら、
2パットでカップインできる可能性が高まります。
スイング前にまず決めることは、ボールの落とし場所を明確にすることです。

スイング幅を重要ではありますが、幅を意識しすぎると、
身体に力が入ってしまい、手打ちの危険性が出てきます。一定のテンポを大切にします。

ボールを打つ前に、何回か素振りをしてみて下さい。
スイング軌道の最下点を確認します。
スイング軌道の最下点の左側にボールをセットすれば、
ダフリやトップを防止することができます。

ミスショットをしないためにスイング以上に大切なのが、
グリッププレッシャーです。大事なショットになるほど、
知らず知らずのうちにグリップを強く握りすぎてしまいます。

余計な力を抜くために、左手の親指をグリップから離します。
親指をグリップから離すことによって、無駄な力が抜けて、
適度なグリッププレッシャーになります。

素振りをするときは、球筋をしっかりイメージして下さい。
実際にボールを打つ時は、上体が上下左右に動かないようにして下さい。