50ヤード以内のアプローチのトップ、ダフリの原因と克服法


50ヤード以内のアプローチ攻略についてご紹介いたします。

50ヤード以内のアプローチでトップや
ダフリが多いというお悩みにお答えしたいと思います。

最も気をつけなければいけない点は、スイングスピードです。
多くのゴルファーは、バックスイングからダウンスイングにかけて、
スイングスピードが、速くなりがちです。

通常通りアドレスをとったら、1.2.3のリズムでスイングします。
頭の中でカウントしながら、スイングしてみて下さい。

スイングスピードの基準は、振り子時計の振り子をイメージして下さい。
常に一定のリズムで、スイングしてみて下さい。

アプローチが苦手な方々の特徴として、ダウンスイングでスイングスピードが
速くなってしまう傾向があります。

そのようなスイングで、トップしてしまうと、大きなミスになってしまいます。
ポイントは、ゆっくりダウンスイングです。

次に気をつけなければいけない点は、アプローチのスイング幅が小さいからと言って、
腰や肩を回転せずに、手打ちになってしまう点です。

手でバックスイングをしてしまうと、ダウンスイングのリズムがつかみにくくなってしまいます。
また手でバックスイングして、ダウンスイングで肩を回そうとすると、
フェースが開いてしまい、トップの原因になってしまいます。

スイング幅が小さくても、バックスイングでは、手だけでなく、
身体を回転して、バックスイングを開始します。

身体を回転させる意識を持つことによって、肩と腰が回り、
ダウンスイングでも、一定のリズムを維持して、ゆっくりスイングすることができます。

結果的に、身体全体でスイングすることができます。
そうすると、距離感や方向性が安定してきます。

バックスイングで、しっかり上体を捻っていき、クラブを上げた時には、
胸が、飛球線と反対方向を向くようにして下さい。

ダウンスイングからフォロースルーにかけては、胸を飛球線方向に向けていきます。
これらを注意することによって、ダフリやトップが減っていきます。

動画レッスンもご覧ください

最後までご購読いただきありがとうございます。