80%の力でスイングする方法


今回は、80%の力でスイングする方法について、紹介したいと思います。

飛距離のことを考えないで、身体をリラックスさせてスイングしたら、
妙にヘッドスピードが上がって、ボールが飛んだ。しかし普段は力が入ってしまい、思うようにボールが飛びません。

飛距離を出すためには必要なのは、80%で振る80%スイングです。
多くの方が力いっぱい振ろうとしてしまうのは、身体を早く回転させようとしてしまうからです。

身体を早く回せば飛距離が出ると誤解している方が多いように思います。
早く身体を回転させようとするほど、身体の軸がぶれてしまい、ミスショットの原因になってしまいます。

飛距離を出すために必要なのは、身体を早く回すことではなく、ヘッドを早く回すことなのです。
一つ実験をしてみましょう。グリップエンドの先を指でつまんでください。

つまんだら、クラブを左右に揺らしてみてください。振り子のような感じになると思います。
クラブが下りてくる時に、クラブをつまんだ手を飛球線方向に動かしてしまうと、ヘッドスピードは上がりません。

逆にクラブが下りてきた時に、手を飛球線とは逆方向に動かすことによって、ヘッドスピードは上がります。
これが80%スイングの基本原理です。実際にスイングする時は、ダウンスイングに合わせて、左ひざを伸ばして、頭を上に動かします。
この動きによって、ヘッドスピードが上がってきます。