80を切るためのフェアウェイウッド


今回は、80を切るためのフェアウェイウッドについて、紹介したいと思います。

ロングホールの1打目をミスしてしまい、ラフに入れてしまったとします。
しかも傾斜のあるラフてす。ラフだからと言って、ただ出すだけでは、
スコア80を切ることは難しいてす。

グリーンに乗せることはむずかしくても、
グリーンの近くまでボールを運びたいものです。

そんな時に便利なクラブが、フェアウェイウッドです。
ラフからのショツトになるので、高い弾道は必要ありません。

無理に上げようとせず、低いボールを打っていきます。
傾斜があるライからアイアンで打とうとすると、
ミート率が不安定になってしまい、方向性も不安定になってしまいます。

一方フェアウェイウッドであれば、球筋は大抵フェード系なので、
飛距離や方向性を計算できます。常にグリップは、短めにします。

①左足下がり
傾斜に沿ってスイングしていきます。
フォロースルーで、左ひざに右ひざをつけていく感覚を持って下さい。
自然な体重移動がしやすくなります。

アイアンより方向性も飛距離も安定するはずです。
アドレスの時に、腰を落として下さい。
足の幅は、ワイドスタンスにして、コンパクトなスイングをこころがけて下さい。

②つま先下がり
球筋は、フェード系が出やすくなります。
ターゲットは、フェードを計算に入れて、左側にセットして下さい。

体勢を崩さないためには、最後まで、左ひざの角度を崩さないようにしましょう。
下半身はほとんど使いません。上半身だけで、打っていきます。
下半身を安定させるためには、ガニ股でアドレスしていただき、足の外側に体重を乗せて下さい。