80を切るための打ち分け法


今回は、80を切るための打ち分け法について、紹介したいと思います。

80を切るためには、距離を打ち分けるだけでなく、
球筋も使い分ける必要が出てきます。
また手前にバンカーなどの障害物にも対応する必要があります。

ピンまで40ヤードで、手前にバンカーがある場合は、
転がすことはできないので、ボールを上げて止める必要が出てきます。

左肩は回転させるようにして下さい。ボールが上がりやすくなります。
ボールをセットする位置は、右足の前です。

ダウンスイングでは、右の手の平で押し出すようにふると、
ボールが止まりやすくなります。手首の角度を最後まで維持することがポイントです。

基準となる50ヤードは、手首を柔らかく使って、
振り幅は、腰よりも若干高くなります。
無理に身体を回転させないようにして下さい。

バックスイングを開始する時は、手首を積極的に使って、
クラブをアップライトに上げていきます。

手首を使う際は、右手を意識して下さい。
左手はクラブに触っている程度です。右手の中指と薬指でグリップして下さい。

ダウンスイングでは、ヘッドの重さによって、手首を返していく感じです。

60ヤードでは、ボールを高く上げて、上からドスンと落として止める感じです。
ゆっくり大きなスイングを心がけて下さい。

振り幅は、フルショットの90%くらいになります。手首は使いません。
最後まで角度を維持するようにして下さい。

スイング中は、左肩を意識して、両肩をしっかり回転させて下さい。
フォロースルーでは、頭の後まで左肩を回転するイメージを持ってみて下さい。