バンスを使うための打ち方

今回は、バンスを使うための打ち方について、

紹介したいと思います。

 

バンスを使うためには、いくつかのポイントが

あります。

 

バンスを滑らすためには、手首の解放を早めに

することがポイントになってきます。

 

バンスを滑らすためには、ボールの約2個分手前に

ヘッドを落としていきます。

 

ダフリを心配される方がいるかもしれませんが、

ダフリを恐れずに、スイングしていくことが重要です。

 

ポイントは、一般的なアイアンショットと同じではなく、

インパクトで手首をヘッドが追い越していくイメージで

打ってみて下さい。

 

ハンドファーストではなく、ハンドレイトがおススメです。

手首が右サイドの太ももの前くらいに来たら、

手首を開放していきます。

 

そうすると、ボールがヘッドのフェイス面の上を

下から転がり上っていく感じになります。

 

しかしアッパーブローですくい上げてはいけません。

リーディングエッジが、ボールの上方向に当たってしまい、

トップが起きてしまうので、注意して下さい。

 

バンスを滑らせるための練習方法を紹介します。

コックを小さくして、振り幅を小さくして下さい。

 

パッティングの要領で、芝の上を滑らせていきます。

インパクトで、ボールがフェイス面の上を転がるか

試してみて下さい。

30ヤード以内のアプローチ

今回は、30ヤード以内のアプローチについて、

紹介したいと思います。

 

ゴルファーのとっての憧れの壁ともいえる

70台の壁。

 

70台をマークするためには、アプローチで

どれだけ寄せることができるかがポイントです。

 

最低でもワンピン以内には寄せたいところです。

アプローチで寄せていくためには、

バンスをうまく使っていくことが重要です。

 

バンスと言う、地面を跳ね返ってしまうイメージが

強いようですが、そんなことはありません。

 

バンスがあるからこそ、地面を滑っていき、

ボールを捉えることができるのです。

 

上級者はうまくバンスを使っているのです。

バンスを上手に活用すると、リーディングエッジが

地面から離れます。

 

地面とバンスの設置面積が少なくなります。

一見トップが出そうなイメージがありますが、

バンスが滑っていくことによって、

リーディンエッジがボールの下の方に

入り込んでいきます。

 

そうすると、ダフリやトップがなくなります。

バンスが滑ることによって、ボールの手前に

クラブが入っても、バンスが滑ってくれるので、

安心です。

 

インパクトでボールを長く捉えてくれるので、

ボールを確実にヒットすることができて、

スピンを効かせることができます。

 

練習場のマットと同じイメージでスイングできるところが、

ポイントです。

バンカーショットでの距離の打ち分け方

今回は、バンカーショットでの距離の打ち分け方について、

紹介したいと思います。

 

バンカーから距離を打ち分けることは、多くの方々が

難しいと思っているようです。

 

しかし決してそのようなことはありません。

ポイントは、ボールを下から投げることです。

 

ボールを高く上げて、距離を抑えたいときは、

手首をスローテンポで大きくスイングしていきます。

 

逆にボールを低く出して、距離を稼ぎたいときは、

手首を使って、スイングしていくはずです。

 

ボールをセットする位置もスタンスも同じで構いません。

フェイス面をオープンにしていくことです。

 

高いボールを打ちたいときは、フェイス面を45度まで

上げていく必要があります。

 

ボールを高く上げるためには、腕の振り幅を

大きくしていきます。スイングスピードは、

ゆっくりしていきます。

 

距離を抑えることができます。

フォロースルーを大きくとることで、

砂を多く飛ばすことができて、

高いボールを打つことができます。

 

逆に低いボールを打ちたいときは、

手首を積極的に使っていき、

フォロースルーを小さくとることが重要です。

 

身体の動きを止めていただいて、

手首の動きを優先してスイングする感じです。

 

低いボールで地面に落ちてから、ランを稼ぐことができます。