簡単なロブショットの打ち方

今回は、簡単なロブショットの打ち方について、

紹介したいと思います。

 

状況としては、多くはありませんが、

まれに高いボールで打ちたいバンカーが

前方にある場合があります。

 

このような場面では、高いボールを上げる必要が

ありますが、簡単なロブショットでボールを上げることが可能です。

 

打ち方は、ロングパットの要領で打っていきます。

ロングパットの打ち方は、手首を使いません。

 

手首を使わずに、さらに両肩と手首の三角形を

崩さないようにスイングしていきます。

 

もちろん頭を動かしてはいけません。

若干フェイス面をオープンにして、

打っていきます。

 

バンカー越えのロブショットは、プレッシャーが

かかるものですが、パターの同じ要領だと

考えることによって、気が楽になります。

 

打つ前にいくつかチェックポイントを確認して下さい。

ラフにある場合は、ヘッドがラフの影響を

受けてしまいます。

 

素振りを何回かしていただいて、

抵抗とスイング幅を確認して下さい。

 

スイング中は、身体が起き上がったり、

沈み込まないようにして下さい。

 

身体や腕が不必要な動きをしてしまうと、

インパクトの瞬間にヘッドの動きが

ずれてしまいます。

 

上から打ち込まないようにして下さい。

ヘッドが入る角度は、パターと同じです。

スタンスを変えたピッチアンドラン

今回は、スタンスを変えたピッチアンドランについて、

紹介したいと思います。

 

ヘッドを強く入りすぎてしまい、ピンをオーバーしてしまったり、

マニュアルを確認しながらスイングしても、

ミスショットが多発してしまう。

 

多くのゴルファーの方は、ピッチアンドランで打つ場合、

オープンスタンスでアドレスしていると思います。

 

スタンスに工夫を加えていきます。

スタンスをクローズドスタンスにしてみます。

 

クローズドスタンスにすると、上からヘッドを

入れていくタイプのゴルファーにはおススメです。

 

オープンスタンスにアドレスすると、

バックスイングがうまく上がらずに、

手で調整してしまいます。

 

クローズドスタンスでアドレスすると、

バックスイングで、手がスムーズに動く様になって、

ヘッドの入りがスムーズになってきます。

 

ソールが芝を滑りやすくもなって、

インパクトも安定してきます。

 

ボールの回転は、ややフック系の回転になってきて、

ボールがころがりやすくなります。

 

バックスイングがスムーズになるので、

スイングリズムがゆっくり一体のリズムになってきます。

 

スイングリズムをゆったりさせたい方や

フェイス面の同じ部分でボールをヒットさせたい方には、

おススメのスイングです。

フェイス面にボールを乗せる方法

今回は、フェイス面にボールを乗せる方法について、

紹介したいと思います。

 

フェイス面にボールをしっかりと乗せるためには、

フェイス面をうまく開いたり、閉じたりして、

バンスを使って、ソールを走らせることが重要です。

 

ソールを滑らせることによって、

スピンがよく効いてくれたり、

ボールの手前にフェイス面が入ってしまっても、

ミスを最小限に防いでくれます。

 

多くのゴルファーの方々は、球筋や方向性を

意識が行き過ぎてしまい、フェイス面を閉じてつかいすぎです。

 

ボールを上げようとしてしまい、

エッジが地面から離れてしまったり、

地面に刺さりすぎてしまい、

ソールを最大限に利用できないでいます。

 

フェイス面を閉じたり開いたりの動作は、

手首を使うと思われがちですが、

フェイス面の作業は、前腕を使うことをおススメします。

 

前腕を使うタイミングですが、ヘッドが腰の高さに

きたところがポイントです。

 

ヘッドが腰の高さまできたら、

前腕を90度回転させます。

フェイス面が正面を向いたら、

正しい位置に向いていると言えます。

 

ダウンスイングからインパクトに欠けては、

再び前腕をもとに戻して、インパクトを迎えます。

 

そうすると、ボールを包み込むようにヒットできます。

スピン量を適度なレベルになります。