手打ちの直し方

今回は、手打ちの直し方について、

紹介したいと思います。

 

ミスショットには、いろいろな種類があります。

ダフリ、スライス、チーピン、トップなどです。

 

これらのミスの原因のほとんどは、

腕と身体が一体化せずに、腕だけで

打ちにいっていることがほとんどです。

 

手首が身体の正面から外れてしまい、

身体の回転が使えていないことが原因です。

 

腕だけでバックスイングしてしまうと、

クラブがスイングプレーンからずれてしまって、

スイング軌道が不安定になってしまいます。

 

腕とクラブを一体化させるには、グリップを

手で挟んでみて、スイングしてみて下さい。

 

クラブを握らないことによって、

腕の力を使うことができなくなってしまい、

身体の回転を使わないと、バックスイングできなくなってしまいます。

 

この練習によって、身体の捻転の感覚を

覚えることができます。

 

ボールを打つ時は、すべての指でグリップ

してしまうのは、NGです。

 

グリップする際は、右手の親指と人差し指は

グリップから離してみて下さい。

 

そうすると、腕に余計な力が入らずに、

腕の力を使うことができなくなります。

 

結果的に、身体の捻転を使うことができるようになります。

手打ちが出やすい方は、試してみて下さい。

ミート率を上げるためのポイント

今回は、ミート率を上げるためのポイントについて、

紹介したいと思います。

 

バックスイングで右サイドに体重を乗せていく際に、

頭の位置まで一緒に右サイドに動いてしまうと、

スイング軌道が左右にぶれてしまい、インパクトが

狂いやすくなってしまいます。

 

スイングの最中は、常に頭の位置をキープしながら、

クラブを振っていくことによって、ミート率を高めることができます。

 

バックスイングで頭の位置をキープするためのドリルとしては、

アドレスした時に、頭の右サイドにクラブを置きます。

 

その状態のまま、右サイドに置いたクラブが動かないように

スイングしていきます。

 

最低ランとしては、若干トウ寄りであれば、

インパクトが若干下でも構いません。

もちろんトウ寄りの若干上がベストですが、

多少の誤差には合格点を与えましょう。

 

バックスイングで身体が起き上がっては、

なかなかミート率を上げることができません。

 

ミート率を上げるためには、前傾角度をキープする

必要があります。

 

前傾角度をキープするためには、アドレスで

お腹を引っ込ませて、腹筋に力を入れます。

 

腹筋に力を入れたまま、スイングを開始していきます。

腹筋に力を入れることによって、上体の起き上がりを

防いで、前傾角度をキープすることができます。

切れのいいスイングをマスターする方法

今回は、切れのいいスイングをマスターする方法について、

紹介したいと思います。

 

クラブを横回転で振ってしまうと、

身体が開きやすくなってしまいます。

 

身体が開かないようにするためには、

縦回転のスイングが必要になってきます。

 

縦回転のポイントは、左腕にあります。

ダウンスイングで、左腕を地面に向かって

下ろしてくるイメージです。

 

腕を地面に向かって下ろすイメージを持つと、

身体が開きにくくなります。

 

手首が低い位置に下がってきます。

ダウンスイングの時は、頭をボール方向に向けておいて下さい。

 

インパクトで頭が上がらないようにして下さい。

 

ここで、切れのいいスイングをするための

練習ドリルを紹介します。

 

クラブを右手で持ちます。

右手1本で、手首の角度をキープしながら、

スイングしていきます。

 

インパクト前に手首の角度が崩れてしまうと、

ダフリの原因になります。

 

手首の角度がキープ出来ていても、

身体が飛球線方向に流れてしまうと、

トップしやすくなります。

 

クラブが常に身体の正面にあるように、

スイングしてみて下さい。

 

このドリルは、ボールを正確に捉えることが

難しいので、最初はティアップすると効果的です。

 

常に身体の正面にクラブがあるように、

スイングしてみて下さい。