切れのいいスイングの見つけ方

今回は、切れのいいスイングの見つけ方について、

紹介したいと思います。

 

切れのいいスイングをして、ヘッドスピードを上げるためには、

過度の体重移動は禁物です。

 

体重移動をしすぎてしまうと、ダウンスイングで

ひざが流れてしまいます。

 

ひざが流れてしまうと、フォロースルーをとりにくくなり、

上半身が窮屈になってしまいます。

 

ひざが流れないようにするためには、

バックスイングで、体重を右に移動したら、

ダウンスイングでは、体重を右にキープしながら、

スイングしていきます。

 

そうすると、フォロースルーが楽になって、

スイングに余裕が生まれてきます。

 

アドレスでの体重移動は、

5:5がおススメです。

頭は、身体の中心にセットします。

 

バックスイングでは、右に体重が移動することによって、

6:4になります。

ダウンスイングでも、体重配分は6:4のまま、

スイングしていきます。

このスイングをマスターするためには、

ショートアイアンを使った練習がおススメです。

 

右足に体重をキープしながらと言いましたが、

フィニッシュでは、体重は左足に乗っています。

 

インパクトの瞬間は、両足に体重が乗っていますが、

その後は、左足に体重が乗っていきます。

 

ショートアイアンで、スロースイングします。

インパクト後は、右足を前に出して、歩き出してください。

インパクトまでは、両足は、べた足です。

 

フェアウェイウッドの高度な打ち方

今回は、フェアウェイウッドの高度な打ち方について、紹介したいと思います。

フェアウェイウッドで飛ぶショットとしては、
フェイス面をかぶせる方法があります。

フェイス面が時計の針で言えば、11時30分くらいを
向くようにします。

ボールは、約2センチ右サイドにセットして下さい。
手首は、ハンドファーストになります。

スイング軌道は、低い弾道のドローボールを打つ感じです。
バックスイングは、インサイドに引いていきます。

ダウンスイングからインパクトにかけては、
手首のハンドファーストを維持して下さい。

体重移動は、急激ではなく、緩やかに行ってください。
ロフト角が立っている状態で、ダウンブローで打つことによって、
フェイス面の上の方にボールがヒットします。

そうすると、ボールのスピン量が減って、
低い弾道になります。

向かい風に負けないボールを打ちたいときや
飛距離を伸ばしたいときに有効なショットです。

高いボールで、ボールを止めたいときは、
若干フェイス面をオープンにして、
フェイス面の下の方でインパクトを迎えます。

そうすると、バックスピンが多くなって、
高くて留まるボールを打つことができます。

手首は若干ハンドレイトにしていただいて、
ボールを約2センチ左サイドにセットします。

スイング軌道は、若干アウトサイドインです。

フェアウェイウッドの使い方

今回は、フェアウェイウッドの使い方について、紹介したいと思います。

フェアウェイウッドを使いこなすことは、ゴルファーにとって最大の難関だと思います。
フェアウェイウッドにはいろいろと種類があります。

3W、5W、7Wというふうにいろいろあります。
それぞれの番手で、打ち方や考え方に微妙な違いが出てきます。

3wウッドの特徴は、シャフトが長くてソールが広く作られていることです。
3wは、ボールをほうきで掃くように打っていきます。

7wは、シャフトが短めでヘッドが小さくできています。
そのような場合は、ダウンブローで打っていく必要があります。

ではクラブによって、打ち方を変えていく必要があるかというと、そんなことはありません。
ボールの位置を変えていくだけで大丈夫です。

3wは、左足のかかとの延長線上にボールをセットします。
視線は、ボールの右サイドになると思います。

7wは、両足のほぼ真ん中におきます。
ボールを身体のセンターに置くことによって、ボールを真上から見ることになり、
体重は左右に同じくらいにかけていきます。

インパクトからフォロースルーにかけて、ボールがセットしてあった場所を見続けて下さい。
身体の突っ込みを防いで、ボールに力が伝わります。