ゴルフワンポイントアドバイス

今回は、ゴルフワンポイントアドバイスについて、紹介したいと思います。

飛距離アップを目指したい方は、ドライバーを軽くスイングしてみて下さい。
飛距離を落としてしまう最大の要因は、力いっぱい振ってしまうことにあります。

力が入りすぎてしまうと、テンポが狂ってしまい、
ヘッドスピードが落ちてしまいます。

最初は、半分くらいの力加減でスイングしてみます。
ボールがまっすぐに飛ぶようになってきたら、だんだん力を入れていただいて、
8割くらいの力で、スイングしてみます。

力を抜いたスイングが、ヘッドスピードを上げてくれて、
飛距離を伸ばしてくれます。

次にフェアウェイウッドの打ち方です。
ボールは、身体のセンターよりンも若干左サイドにセットします。

打つイメージとしては、サイドから払うようにスイングすることです。
スタンスの幅は肩幅くらいです。

高いボールを打ちたいときは、通常のアドレスよりmの
10センチ程度ワイドスタンスにします。

低いボールを打ちたいときは、通常よりも狭いスタンスにします。

風に強いショットは、パンチショットがおススメです。
スイングの幅は、スリークオーターです。

スタンスは、若干狭くします。
パンチショットと言うと、インパクトで止めてしまう方がいますが、

しっかりとフォロースルーを出します。
そうすると低いボールになって、余計なスピンを抑えることができます。

振り遅れをなくす練習ドリル

今回は、振り遅れをなくす練習ドリルについて、紹介したいと思います。

多くのゴルファーを悩ましている振り遅れ。振り遅れの原因は、身体が起き上がってしまうことにあります。
身体が起き上がってしまうと、ボールが右サイドにプッシュアウトしてしまい、
左サイドに再び戻ってこなかったりします。

身体が起き上がることによって、ダウンスイングでスイング軌道がフラットになってしまうからです。
最近のクラブの傾向は、軽量でシャフトが長くなっています。

軽量設計によって、手首が上がってしまい、スイング軌道がフラットになりやすくなります。
そうすると上体が起きてしまい、クラブが遅れて下りてきてしまいます。

正しいスイング軌道の基準としては、ダウンスイングでクラブが腰の高さまで来た時に、
シャフトが飛球線に沿っている必要があります。

シャフトが飛球繊に沿ってくると、クラブは若干アウトサイドから下りてくることになります。
そうすると手首を身体に近づけることができて、シャフトがフラット軌道になることを防いでくれます。

正しいスイング軌道にするためには、バックスイングでクラブを高い位置に上げて、ハイトップを作ります。
ダウンスイングでは、クラブをアウトサイドから下ろしてくるようにすると良いです。

3Wと9Iの練習ドリル

今回は、3Wと9Iの練習ドリルについて、紹介したいと思います。

下から上方向にスイングしていくアッパーブローは、ドライバーだけに適用される
スイングです。

ティアップしてあれば、アッパーブローで構いませんが、
ライに直接置いてあるボールを打つときに、アッパーブローでは、
正確にボールを捉えることはできません。

3Wは、ボールを払うように横から打つ必要があります。
9Ⅰは、上からダウンブローで打つ必要があります。

3Wのようなウッド系を使うときは、スイング軌道の最も低い位置でボールを捉える必要があります。
飛距離を出そうとしたり、ボールを上げようとすると、トップやだふりの原因になってしまいます。

スイング軌道の最下店でボールを捉えるためには、身体の軸を左右に動かさないことが重要です。
フェアウェイウッドのおススメ練習法は、右手1本で打つドリルです。

右手1本で正確にボールを捉えるためには、身体の軸がぶれないように、回転運動する必要があります。
ボールを上げようとしてしまうと、軸が動いてしまい、だふりの原因になってしまいます。

ボール付近の軌道は、低く長くを意識してみて下さい。
ボールの前後15センチくらいは、地面を這うようにヘッドを動かしてください。
常に、胸がボールを方向を向いているように意識すれば、低く長いスイング軌道にできます。

低く長いスイング軌道を意識すれば、アッパーブローは無くなってきます。
それでも十分に球は高く上がりますので、試してみて下さい。