パターのギア

今回は、パターのギアについて、紹介したいと思います。

パターの形は、様々ですが、多くの方々は、 マレット型のパターを使っている場合が多いようです。

マレット型のパターの利点は、打ちやすいことです。 ヘッドが大きく作られているために、 慣性モーメントが大きくなり、芯をわずかに外したとしても、 フェイス面の向きが変わりにくく、まっすぐ打ち出すことができます。

マレットタイプでうまくいかない方は、 L字タイプのパターをおススメします。

L字タイプパターというと、難しいイメージがありますが、 決してそんなことはありません。

大型マレットタイプのパターは、打ちやすい半面、 ヘッドやフェイス面の動きが感じにくくなってしまいます。

L字タイプのパターは、ヘッドの動きを敏感に 感じ取れるメリットがあります。

またトゥとヒールに重量があるために、 意外とスイートスポットは、広く設定されています。

どんなに打ちやすいパターでも、スイートスポットを 外してしまえば、フェイス面がずれてしまいます。

L字タイプは、重心がネック付近に設定されているので、 ヒールに当たってもフェイス面が閉じてしまうことを 防いでくれます。

引っかけが出にくい構造になっています。 アイアンに近い構造をしているので、 フェイス面をターゲットに合わせやすいメリットもあります。

真冬の練習グッズ

今回は、真冬の練習グッズについて、紹介したいと思います。

背筋をぴんと伸ばすことによって、空間に余裕ができて、
身体の地面と水平に回すことができるようになります。

身体からボールにかけての距離が一定になってきて、
インパクトゾーンが一定になってきます。

背筋をまっすぐにするためには、マフラーを使用します。
マフラーを首に巻き付けることによって、
背筋をまっすぐにする効果があります。

あごを引くことがなくなるので、背筋を伸ばすことができて、
ボールを上から見ることができるので、
身体の角度を維持しながら、両肩を回転しやすくなります。

ネクタイを使うこともおススメです。
ネクタイピンを外して、ネクタイを垂らしてみて下さい。
ネクタイを垂らしたままスイングしてみて下さい。

ネクタイの内側を手首が通ったら、大丈夫です。
手首の軌道が低く長くなるので、ボールに力が伝わりやすく、
飛距離が伸びることが多いです。

上着を着たままスイングすることもおススメです。
上着を着ながらスイングすると、非常に窮屈に感じます。

ギア

クラブを交換するタイミング

今回は、クラブを交換するタイミングについて、紹介したいと思います。

みなさんは、クラブを買い替えたいと思う時は、どんなときですか。
最も多いパターンは、最近ボールが飛ばないとか真っ直ぐ飛ばないと言った調子が悪い時に変えようとするパターンです。

調子があまり良くないときにクラブを変えようとしてしまうと、スイングが乱れていたり、
身体の調子に問題がある場合が多いときです。

このような時に新しいクラブを変えようとしてしまうと、調子が悪い状態で、
偶然うまく当たったクラブを選んでしまう可能性があり、長期的に考えると、
本当に自分に適したクラブではない可能性が出てきてしまいます。

調子が今一つの時は、あわててクラブを変えようとしないで、もう少しスイングの改善に努めた方が良いようです。
本来のスイングが戻ってきたら、買い替えを検討したら良いと思います。

クラブを買い替えるベストなタイミングは、自分のスイングに特に問題がなくて、
自分がどんなプレーヤーなのかを考えてみて下さい。

自分がドローヒッターで、フェイス面を上手く回転させたいのであれば、
重心の距離が適度にあって、つかまりが良すぎないクラブが必要です。

フェードヒッターであれば、ボールを左方向に打ち出すことができるつかまりがある程度期待できるクラブが良いです。

ギア