ドライバーの飛距離を今より楽にプラス30y

こんばんは。みうら倶楽部の三浦です。
メルマガ読者様より、以下の質問をいただきましたのでシェアしたいと思います。

============================
みうら倶楽部 三浦さん 竹内プロ

いつもメルマガでのレッスンを楽しみに拝見させていただいております。
私は、年齢67歳で最近飛距離が200y前後です。

この飛距離ですと、パーオンが厳しく、
スコアも全盛期のようにうまくはいきません。

もう30y飛距離が伸びればといつも思っております。

最近は、もう競技には出ないので、
高反発を検討しております。

最近の高反発はすごく飛距離性能がいいと聞いたのですが、
御社の高反発クラブはどれが一番飛びますか?

ご回答お願いします。
============================

結論から言いますと、高反発クラブはものすごく飛びます。
私も、高反発クラブを打った時に、練習場のネットに

今までよりもはるかに高い打点で突き刺さった感触は今でも忘れられません。

それだけの威力はあります。

なので、競技に出なくて、プライベートでゴルフを楽しむ方には
高反発はオススメだと感じます。

やはりなんだかんだ、ゴルフは飛ぶと楽しいので。。。。

当店で一番の飛距離性能は、間違いなく、

ハイパーブレードガンマリミテッド プレミア飛匠シャフト仕様です。

当店でも色々な高反発ドライバーを扱っておりますが、
フェース面を極限まで薄くし、インパクト時にフェースがたわむ設計をしております。

なのでインパクト時にフェースでボールを弾き返してくれます。
また、フェース面は最薄の1.7mmですのでどのクラブより反発ケースは高いです。

プレミアム飛匠シャフトですが、超軽量の45gシャフトになっておりますので、
ヘッドスピードは上がることが期待できます。

重いものと軽いものでは、軽いものの方が早く振ることができますよね!?
その効果も十分発揮できるはずです。

そんなリミテッドのオススメポイントを動画にまとめてあります。
ぜひ、ご覧ください。

>>商品詳細はこちら<<

今よりも30y楽に飛距離アップしたい方、
こちらのリミテッドは本当にオススメの高反発ドライバーです。

最後までご購読ありがとうございます。

ギア

練習場での練習の注意点

今回は、練習場での練習の注意点について、紹介したいと思います。

練習場のボールは、ラウンドで使うボールに比べて、飛距離が落ちるように設計されています。
その理由は、飛距離が出すぎてしまって、ネットに過剰な衝撃がかかるのを防ぐためと言われています。

練習場のボールとラウンド用ボールでは、7番アイアンで、約20ヤード違うと言われています。
練習場の約半分は、ボールが飛ばない分をプラスした距離表示板を掲げています。
練習場では、距離表示板が、本当の距離はプラスした距離化を把握しておく必要があります。

練習場で、ゴムティにティアップして打つのとマットから直接打つのでは、飛距離が約6ヤード変わります。
ティアップした時のスイング軌道は、アッパーブローになるので、弾道が高くなり、キャリーが伸びるからです。

逆にマットの上から打つと、ダウンブローになってしまうため、キャリーが落ちてしまいます。
ドライバーだと、最大で30ヤード近く飛距離が落ちてしまいます。飛距離が変わる理由は、ボールの硬さにあります。

練習場のボールは柔らかすぎて、インパクトの瞬間にボールがつぶれてしまい、スピンがかからずに、
弾道が低くなってしまい、飛距離を稼ぐことができません。
割り切って打つことが重要です。

飛距離が出るスプーンのメリットデメリット

今回は、飛距離が出るスプーンのメリットデメリットについて、紹介したいと思います。

数あるゴルフクラブの中で、スプーンは、最も難易度が高いクラブです。
最近のボールの構造はスピンがかかりにくい構造になっているため、
ヘッドスピードがあまりない方が、スプーンでボールを上げるのは、かなり難しくなります。

基準となるヘッドスピードは秒速45mです。
飛距離が出るスプーンは、重心位置が低くセッティングされていて、
スピン量が上がらないようになっていて、低い弾道の球筋になるため、余計ボールを上げることが難しくなっています。

地面から直接打ってボールを上げることは、至難の技と言えます。そのような理由からジャストミートできれば、
すごい当たりが出ますが、ミスするととんでもないボールになってしまうことがあります。

しかしティアップすれば、難なく打つことができます。ティアップできなくても、
ラフにボールが浮いていたり、左足下がりの状況であれば、同じように打つことができます。

ドライバーがどうも苦手だという方が使うのも効果的です。
ドライバーよりもロフトの角度があって、シャフトが短めで、ヘッドの重みもあるので、
ドライバーよりも簡単に飛距離を出すことができます。