クラブシャフトの選び方

今回は、クラブシャフトの選び方について、紹介したいと思います。

シャフトを選ぶ際の基準となるのが、方向性と飛距離だと思います。
方向性と飛距離が最も安定するシャフトのバランスには、個人差があります。

シャフトを3分割すると、ヘッドに近い先端、中間、グリップ付近の手元に
分かれます。この3か所の硬さのバランスによって、飛距離と方向性に違いが出てきます。

3か所で最も重要なのが、中間の硬さです。中間が硬いか柔らかいかで、
飛距離と方向性に差が出てきます。

中間が硬くなると、シャフトのしなり具合は小さくなります。小さい分、
ダウンスイングで、しなりが戻るスピードが速くなり、ヘッドスピードが速くなります。
ボールを強い力で打つことができます。

一方、中間が柔らかくなると、シャフトのしなり具合が大きくなります。
シャフトのしなりが大きいと、シャフトが戻ってくる間に、
スイング軌道や体軸のずれを修正しやすいので、方向性が安定しやすくなります。

これに先端や根元の硬さを調節すると、各ゴルファーにあったシャフトが出来上がります。
先端が柔らかいタイプは、スライサーの方に適しています。硬いタイプは、フッカーの方に適しています。

手元が柔らかいタイプは、ボディターン中心のスイングをする方に適しています。
手元が硬いタイプは、手首を使う方に適しています。

ギア

クローブのサイズとスイングの関係

今回は、クローブのサイズとスイングの関係について、紹介したいと思います。

練習場では、ナイスショットが打てても、ラウンドでは、ショットがいまいちの方は、
いませんか。もしかしたら、グローブが合っていないかもしれません。

グローブのサイズが大きすぎると、スイング中にグローブがずれてしまい、
スイングにぶれが出やすいのです。また練習場のマットと違い、
ラウンドで芝の上から打つと、芝の抵抗でグローズがずれてしまうのです。

グローブは、できるだけ手にマッチしたものを選ぶ必要があります。
自分に合ったグローブのサイズの選び方は、どうすれば良いのでしょうか。
多くの方は、指先から手首までの長さを想像しがちですが、実はそうではありません。

正解は、手の平から手の甲にかけての外周なのです。メーカーによって、
微妙にサイズが違うので、はめ比べてみると良いです。

外周の測り方は、人差し指の付け根から1センチくらい下と
小指の付け根から1センチくらい下を結んだ外周を測ると良いです。

外周の誤差が2センチになってしまうと、指の付け根がぶかぶかしてしまい、
グローブの中で手が動いてしまい、スイング中に、手が動いてしまうことになるので、
グローブを買う時は、十分にチェックしましょう。

ギア

アイアンの新スタンダード

今回は、アイアンの新スタンダードについて、紹介したいと思います。

以前は、アイアンセットと言えば、3番アイアンからPWまでがワンセットだったと思います。
しかし最近は、その傾向が変わりつつあります。

最近の主流は、5番からPWまでのセットが主流になりつつあります。
セッティングが変われば、スイングにも変化が出てきます。

このような傾向の原因として、ウッドが打ちやすくなり、
飛ばしやすくなったが挙げられます。

これに伴って、アイアンも飛距離を求められるようになり、
ロフト角が少なくなってきました。

そうなると、5番アイアンでは、ボールが上がりにくくなり、
グリーンに乗っても、転がって、落ちてしまうようになってしまいました。

一方、ウッド系のクラブだと、上がりやすく、止まりやすいので、
アイアンの数が減ってきたと言えます。

ウッド系のクラブの比率が増えるのに伴って、ウッドの打ち方で
アイアンを打っていく必要性が出てきました。

どちらかの打ち方に合わせていかないと、2種類の打ち方が必要になってきて、
ゴルフが難しくなってしまうからです。

アイアンのスイングと言えば、ダウンブローですが、ウッドの影響で、
ダウンブローにも変化が出てきています。

最近のアイアンは、ウッドに近い構造になってきていますので、
打ち方も変わってきています。

構造が低重心になってきて、スイートスポットが低い位置にあるので、
極端なダウンブローが必要なくなってきていて、
横から当てる感覚で、ボールが上がるようになってきています。