フェアウェイウッド(F)とユーティリティ(U)の比較

今回は、フェアウェイウッド(F)とユーティリティ(U)の比較について、紹介したいと思います。

最初に、それぞれの長所と短所を比較してみたいと思います。
ユーティリティの特徴は、クラブが短くて、重心が高く設定されていることにあります。
長所は、手メイ的なミスが出にくく、ヘッドの操作が比較的簡単であることです。

短所は、距離にばらつきが出やすい。ロフト角がないと、ボールが高く上がらないことにあります。

一方、フェアウェイウッドの特徴は、クラブが長くて、重心が低いことにあります。
長所は、ヘッドスピードが出やすく、スピン量が増えて、ボールが高く上がりやすいことにあります。

短所は、ミート率が低くて、ロフト角が上がるほど、ボールが左に行きやすいことにあります。

それでは、どんなタイプのゴルファーにどんなクラブが合うかというと、
フェアウェイウッドは、ダウンブローで打つゴルファーに向いていると言えます。
フェアウェイウドは、重心が低く、スピンが多くなりやすいので、ダウンブローでもボールが上がりやすいのです。

それに対して、ユーティリティは、インサイドインで、アッパーブローで打つゴルファーに向いていると言えます。

ユーティリティは、重心が高くて、左にボールが飛びにくい構造になっています。
フックが出やすい方に向いているでしょう。

多くのゴルファーの方々にとって、どの状況でどのクラブを選んだらいいのかは、
迷うところだと思います。

フェアウェイウッドの番手の選びの基準から、順を追って説明したいと思います。
3Wは、条件が限られてきます。ティグラウンドかフェアウェイからのショットに限定されます。

4Wは、ヘッドスピードが45mを超える方が打つと、最も飛距離が出るクラブなので、ライが良くて、距離を稼ぎたいときに使います。

5Wは、ミスショットが少なく、安定感のクラブなので、確実性を求めるときに、使うと良いでしょう。

7Wは、ダウンブローで打つ方だと、高さとスピン量に安定感があります。
9Wは、ダウンブローで打つ方で、ヘッドスピードに自信のない方が、高いボールを打ちたい方に向いています。

ユーティリティでは、ロフト角が18度以下であれば、ティグラウンドや風が向かい風の時に、適しています。

21度くらいのロフトだと、ヘッドスピーとが45mを超える方が、7Wの代わりに使うのに、適しています。

24度くらいだと、一番ミスが少なく、飛距離と方向性に確実性があります。
25度以上のロフト角だと、5、6番アイアンの代わりに使うと便利なクラブです。

ギア

ゴルフシューズの重さとスイングの関係

今回は、ゴルフシューズの重さとスイングの関係について、
紹介したいと思います。

スイングの安定感を増すためには、シューズの重量はある程度必要です。
しかし、重すぎ、軽すぎは、スイングの崩れにつながるので、注意が必要です。

スイングを大別すると、2つに分類することができます。
1つ目は、体重移動を利用して、飛ばす方法です。
2つ目は、身体の捻転を使って、飛ばす方法です。

体重移動を使うスイングでは、シューズの重量が重いと、スイングの乱れが起きやすくなります。
捻転を使うスイングでは、シューズの重量が重すぎても軽すぎても、スイングの乱れが起きやすくなります。

体重移動を使うスイングでは、インパクトで右足の浮き上がりがほとんどありません。
軽いシューズでスイングするなら良いのですが、重すぎると、
左足への体重移動がうまくいかずに、飛距離が出なくなる危険性があります。
クラブヘッドが返ってしまい、ひっかけの原因になることもあります。

身体の捻転を使うスイングでは、インパクトで右足が浮きやすくなります。
捻転のスピードが速く、右足のけりを使うことが要因ですが、

シューズ重量が適正であれば、インパクトを身体の正面で迎えることができます。
しかしシューズが軽すぎると、右足が浮きやすくなってしまい、腰の開きが早くなってしまいます。
スライスの原因にもなります。

シューズが重すぎても、左足への体重移動が難しくなるため、
ひっかけやダフリの原因になります。

ゴルフシューズの重量を変えるだけでスイングが変わるかもしれません。

軽量シャフトのドライバーを打ちこなすための方法

本日は、軽量カーボンシャフトを
うまく打ちこなすための方法をお伝えします。

まず、最近特にシニアプロの間で軽量シャフトが流行っています。

理由は、

・ヘッドスピードが上がり、飛距離がアップする

・軽量シャフトなので、18ホール体力を持続できる

などがあげられます。

理屈としては、

重いもの or 軽いもの

どちらが早くふれるのか??

答えは、軽いものですよね。

軽量シャフトでヘッドスピードが上がり、飛距離アップを実現します。

軽量シャフトの問題点とは!?

軽量シャフトの利点はお伝えしましたが、デメリットはあるのだろうか?
もちろんデメリットもあります。

軽いがゆえに、スイングが手打ちになりやすいということです。

例えば、竹ぼうきを素振りしようとした時に、
小手先だけでは竹ぼうきを上げることはできませんよね。

img20110207
「ドライバーの飛距離が20ヤード伸びた」海老原プロ(Waggle)

一方、軽い棒のようなものは、小手先だけでも十分振ることが可能です。

軽量シャフトを使いこなすには、、、

では、軽量シャフトを使いこなすためには、
手打ちではなく、体全体でスイングをすることが大切です。

アイアンを使って練習をします。
アイアンを2~3本重ねて持ちます。

そして素振りをします。重たいので手先だけでは振ることはできません。
自然と体を使ったスイングが身につくことができます。

この素振りを10回行ったら、次はドライバーに持ちかえます。

先ほどのアイアン2~3本に比べすごく軽いはずです。
ここでの注意点は、軽いですが、先ほどの体全体でスイングする感覚を忘れないでください。

素振りを5~10回行って下さい。

アイアン と ドライバー を交互にふることをしてください。

重いものと軽いものを交互に振ることで、パワーとスピードの両方が身に尽きます。
手打ちを修正するだけでなく、ヘッドスピードもアップできるドリルとなります。

シンプルですが、とても効果的です。

この練習方法と軽量シャフトであなたの飛距離は確実にアップできるはずです。

当店でオススメの軽量シャフトのドライバーは!?

【ルール適合部門】

NEW CBR プレミア飛匠 仕様です。
オートマティックに高弾道を打て、飛距離アップを実現します。
0020000001532

詳細はこちら→
http://miuraclub.jp/shopdetail/002000000151/017

【高反発部門】

リミテッド プレミア飛匠 仕様です。
限界薄肉1.7mmフェースはどの高反発よりも反発係数は高いです。
57402_1

超高反発ヘッド×超軽量シャフト の最強コンビ

詳細はこちら→
http://www.miuraclub.jp/shopdetail/002000000157/

2014年は超軽量シャフトで飛距離アップしてください。