芝の上から3番ウッドを打つ方法

今回は、芝の上から3番ウッドを打つ方法について、
紹介したいと思います。

ティアップしないで、ウッドを使いこなすことは
なかなか難しいものです。
特に3番ウッドは、その最たるものでしょう。

3番ウッドをロングホールの2打目で、
使うことができたら、スコアアップにつながります。

3番ウッドを購入する時、一般的には、
ティショットで3番ウッドを使う機会が多い場合は、
ドライバーと同じ硬さのシャフトを使い、

ティアップしないで、使う機会が多い場合は、
トライバーより少し柔らかいシャフトを使いことが多いようです。

しかしスコアアップを目指すのであれば、ドライバーと同じ硬さ
シャフトを使うと良いです。

3番ウッドでのミスの大きな原因は、右肩が下がってしまうことです。
両肩を水平に回すことが鉄則です。

右肩が下がりやすい方は、上から右肩をかぶしてくる感覚で、
ちょうど良いです。

両肩を水平に回す練習を紹介します。
インパクトからフォロースルーにかけて、
右足を飛球線方向に前へ踏み出します。

この練習をすることよって、右肩を下げずに水平に
回す感覚を身につけることができます。

最初のうちは、ボールが左に飛んでいっても構いません。
しっかりボールを捉えることが大切です。

右肩が下がると、胴体から手首が離れてしまい、
フェースが開いてしまうのです。

3番ウッドのスイングは、クラブヘッドを空に突き刺す感じで、
バックスイングしていきます。
フェースができるだけ長くボールを向いているようにバックスイングします。

ダウンスイングでは、手首が胴体から離れないように、
バックスイングと同じ軌道で、降ろしてきます。

手首が右の太もものすぐ前を通ったら、正しい軌道と言えます。

正しい軌道のチェック方法を紹介します。

バックスイングで、左腕が地面と平行になったところで、
左手のすぐ前から、クラブを垂らしてもらいます。

ダウンスイングで、左手をシャフトに触れずに、
降ろすことができたら、正しい軌道です。

シャフトに触れてしまう場合は、右肩が下がり、
フェースが開いていることが多いので、注意して下さい。

アルバ掲載!宝塚ゴルフファクトリーのNEXUS(ネクサス)自立パター

本日発売のアルバ新年特大号に、
当店一押しの “自立パター”が特集されました。
アルバ,パター,NEXSU,NEXUSパター

この“自立パター”は当店では一番人気の商品です。

自立パターは、特に1~2mのショートパットが苦手な方に有効なパターです。
ショートパットで大切なのは、フェースの向きです。

このフェースの向きさえ、しっかりとターゲットにロックオンできれば、
多少、ストロークがぶれていようと、芯を外していようと、
ショートパットはカップに入ってくれます。

しかし、理屈では分かっても一番難しいのは、
このフェースの向きをカップにあわせることです。

しかし、自立パターは、パターが自分で立って倒れません。

なので、フェースを一度カップにあわせた状態で
グリップを離し、後方から

本当にフェースがカップに向いているかどうかを確認することができます。

後方から確認すれば、フェースがどこを向いているのか一目瞭然です。

自立パターの使い方は簡単です。

1カップに向かってアドレスをとります。

2グリップを離して後方からフェースがターゲットに向いているかチェックします。

3違う方を向いていたら直します。

4フェースの向きが変わらないようにグリップします。

5あとは、真っ直ぐストロークします。

以上、5つのステップでいくらショートパットが苦手なあなたでも
簡単にカップインをすることが可能になります。

動画もご覧ください。

アルバでも同様のレッスンが紹介されています。

jiritu3

このパターは大量生産できません。
なぜなら、クラブ工房で、一本一本手造りされています

通常であれば、お届けに1週間~10日かかります。

今回のアルバでの特集で今、クラブ工房は注文が殺到しています。

しかし、当店では、長年お付き合いがあり、
上記のPR動画なども撮影協力などもしている仲です。

今回、20本限定で優先的に

みうら倶楽部オンラインショップのお客様のパターを
つくっていただくことができました。

パターが苦手で、いつも3パットばかりしてしまう方、
このパターをマスターすれば、5打以上はスコアがよくなります。

ダウンロード (1)

鉛でドライバーのスライス・フック修正法

鉛を利用して、フック・スライスを修正する方法をご紹介します。
ドライバー,鉛,バランス

スイングでスライスやフック防止以外にも、
鉛を貼る場所によって、球筋を変えることができます。

スライサーは、ヒール側に鉛を貼ります。
まずは、2グラムづつ貼っていきます。

0000432984_p01_01

フックする方は、トウ側に鉛を貼ります。
同じように、2グラムづつ貼っていきます。

images (1)

2グラムづつ貼りながら、ボールを打っていき、調節していきます。
鉛を貼りすぎてしまうと、ヘッドバランスが崩れてしまいます。
シャフトが相対的に柔らかくなってしまい、別のミスショットの原因になってしまいます。

この辺りは、少しずつ貼りながらながら、
「ふりやすさ」と「球の曲がり具合」を調整していってください。

ヘッドのソールの真ん中に貼ると、ヘッドの重心を下げることができます。
ヘッドの重みを感じることができることは、スイングにおいては重要です。

お手軽に球筋を変化させてみたい場合は、
ぜひ、鉛を活用してみてください。

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。