がに股アドレス

今回は、がに股アドレスについて、

紹介したいと思います。

 

アドレスした時のひざの位置ですが、

ひざの位置関係については、

どのような認識を持っていますか。

 

多くの方は、太ももの内側に力を入れて、

内また気味にしているようです。

 

多くのレッスン書にも、太ももの内側に

力を入れるようにと書いてあります。

 

しかし内またにしたアドレスが、

アドレスでの下半身を不安定にしていると言えます。

 

そこで、がに股アドレスをおススメします。

スタンスの幅は、今までと一緒です。

 

スタンスの幅をキープしたまま、

両ひざをひろげてみて下さい。

 

両ひざを開いたがに股にすることによって、

スイング中の左右のずれがなくなることが分かります。

 

ひざを外側に開くことによって、

右サイドの股関節が、ぐっと

入っていく感覚が分かります。

 

内またのアドレスだと、バックスイングで、

右ひざが伸びやすくなってしまいます。

ひざが伸びると、腰が回りすぎてしまい、

捻転の力を作れなくなってしまいます。

 

ダウンスイングでは、左ひざがスウェーしてしまい、

軸を保つことが難しくなってきます。

 

一方、がに股スイングにすることによって、

下半身がどっしりしてきて、ひざが伸びたり、

流れることがなくなってきます。

ストレートスタンスで打つバンカーショット

今回は、ストレートスタンスで打つバンカーショットについて、

紹介したいと思います。

 

ストレートスタンスで打つメリットは、

常に安定したアドレスで構えることができます。

ヘッドがきれいに抜けてくれます。

チップインを狙えることです。

 

逆に一般的なアドレスであるオープンスタンスの

デメリットは、

アドレス、フェイス面の向きが毎回不安定に

なりやすい。

ターゲットに向かって振り抜くことができない。

ボールが地面に落ちてから、横方向に動いていく。

飛距離が出ないので、振り幅を大きくしなければならない。

ヘッドの入射角も不安定になってしまいます。

 

バックスイングでは、重心を落とした状態を

維持するようにします。

上半身を十分に捻転させて、クラブを上げていきます。

 

手首はロックしないように、手首の柔軟性を維持しながら、

ヘッドの重さを利用しながら、ダウンスイングしていきます。

 

そうすると、きれに振る抜けるようになります。

手首は振るというよりは、真下に落としていく感じです。

 

胸が開かないように、ダウンスイングして下さい。

右肩は高い状態を維持して下さい。

 

右肩が高い状態を保っておけば、

ヘッドの軌道が、なだらかな曲線を描いて、

砂を薄くとることができるようになります。

 

フォロースルーは、ヘッドの重さを利用して、

振り抜いて下さい。

 

スタンスを変えたピッチアンドラン

今回は、スタンスを変えたピッチアンドランについて、

紹介したいと思います。

 

ヘッドを強く入りすぎてしまい、ピンをオーバーしてしまったり、

マニュアルを確認しながらスイングしても、

ミスショットが多発してしまう。

 

多くのゴルファーの方は、ピッチアンドランで打つ場合、

オープンスタンスでアドレスしていると思います。

 

スタンスに工夫を加えていきます。

スタンスをクローズドスタンスにしてみます。

 

クローズドスタンスにすると、上からヘッドを

入れていくタイプのゴルファーにはおススメです。

 

オープンスタンスにアドレスすると、

バックスイングがうまく上がらずに、

手で調整してしまいます。

 

クローズドスタンスでアドレスすると、

バックスイングで、手がスムーズに動く様になって、

ヘッドの入りがスムーズになってきます。

 

ソールが芝を滑りやすくもなって、

インパクトも安定してきます。

 

ボールの回転は、ややフック系の回転になってきて、

ボールがころがりやすくなります。

 

バックスイングがスムーズになるので、

スイングリズムがゆっくり一体のリズムになってきます。

 

スイングリズムをゆったりさせたい方や

フェイス面の同じ部分でボールをヒットさせたい方には、

おススメのスイングです。