アドレスとインパクトの関係

今回は、アドレスとインパクトの関係について、

紹介したいと思います。

 

手首が右サイドに残ってしまったアッパースイングは、

打振ってしまったり、スライスしてしまったり、

距離が出ないなどのミスショットにつながりやすくなります。

 

インパクトでは、ハンドファーストに構える必要があります。

ハンドファーストになるためには、体重を左サイドに

乗せていく必要があります。

 

左サイドに体重が乗ってくると、自動的に

ハンドファーストに形になってきます。

 

ハンドファーストになると、左腕と

シャフトが一直線になってきます。

 

しかし左腕とシャフトの一直線を意識しすぎてしまうと、

手首が飛球線方向に折れてしまうことがあります。

 

理想的なハンドファーストになるためには、

アドレスでは、両肩と手首を結んだラインが、

二等辺三角形になるようにします。

 

アドレスで二等辺三角形を作ると、

インパクトでは、理想的なハンドファーストになります。

 

練習ドリルとしては、左足体重ドリルがおススメです。

アドレスで左足に90%体重を乗せたまま、

バックスイングを開始して、ダウンスイング、

インパクトを迎えます。

 

左足に体重を乗せて打つ感覚が分かってきます。

多くのプロは、アドレスで二等辺三角形、

インパクトでハンドファーストを作っています。

 

ぜひ試してみて下さい。

 

距離感を合わせるパターのグリップ

今回は、距離感を合わせるパターのグリップについて、

紹介したいと思います。

 

近年のグリーンは、ボールが転がりやすい傾向にあります。

ボールが転がりやすくなれば、それだけ距離感を合わせにくくなります。

 

手首で力を調節する打ち方では

ショートしたりオーバーしたりしてしまいます。

 

距離感を合わせるためには、手首をいかに

使わないかがポイントになってきます。

 

両肩の動きによって、距離感を合わせていくのが

理想的です。

 

手首を固定しにくい方におすすめのグリップは、

逆オーバーラッピンググリップです。

 

逆オーバーラッピンググリップとは、

右手を左手の人差し指で包み込むグリップです。

 

ショットと同じグリップにしてしまうと、

バックスイングで右手を使ってしまったり、

フォロースルーで左手を使ってしまうリスクが生じてきます。

 

両手首を使わないためには、

逆オーバーラッピンググリップラッピングです。

 

両手が一体になって、動きやすくなり、

手首を使いにくくしてくれます。

 

ストロークは、手首の動きを抑えて、

両肩を回転させてストロークして下さい。

 

距離感を合わせやすくなります。

左手の人差し指は、伸ばして下さい。

伸ばした人差し指で、右手の中指と薬指を

包み込むように押えて下さい。

ゴルフスイングベーシックバージョン

今回は、ゴルフスイングベーシックバージョンについて、紹介したいと思います。

多くの方々にとってのスイングの基本は、飛距離を伸ばして、
ストレートに、安定した方向性で、遠くへボールを飛ばすことです。

この基本をマスターするために、科学的に理にかなった合理的なスイングは、
身体の脊柱を中心にして、大筋群を活用して、手打ちをできるだけ省いた合理的なスイングが必要です。

海外では、合理的なベーシックゴルフスイングが、
レッスンプロが生徒さんに教える指導する一般的なゴルフスイングです。
日本では、ボディターンゴルフスイングが該当します。

以前の手首のターンを使うゴルフスイングと比較して、
ゴルフスイングの動きがとても単純で、飛距離を伸ばして安定してショットすることができます。
また、この基本のゴルフスイングは、クラブによって変化させることは必要ありません。

海外の多くの一流ゴルファーも、ゴルフスイングが同じになっています。

ゴルフスイングの基本的な動きは、5種類に分けることができます。
・グリップ
・セットアップ
・バックスイング
・ダウンスイング
・フォロースイング

このうち、グリップからダウンスイングまでをマスターすることができたら、
あとのゴルフスイングは比較的簡単にマスターすることができます。