スイングと姿勢の関係

今回は、スイングと姿勢の関係について、紹介したいと思います。

スイングを修正するためには、姿勢が重要です。
姿勢が悪いとスイングにも悪影響を及ぼします。

悪い姿勢で代表的なのは、猫背です。
猫背とは、背骨が丸まった状態を言います。

猫背の原因は、骨盤の角度です。角度がきつ過ぎたり、
ゆるすぎたりすると、猫背になりやすくなります。

猫背になってしまうと、胸からボールまでの距離が
近くなりすぎてしまい、背骨を中心にして、
身体を回転させることが難しくなります。

頭が左右にずれやすくなってしまい、インパクトポイントが
安定しにくくなってしまいます。

猫背が筋肉をつけることによって、改善することができます。
腹筋や背筋を鍛えることによって、背骨を適正な角度にしていきます。

背筋を鍛えるには、うつぶせに寝ていただいて、
手を頭の後ろで組みます。
上半身を上に反らしていきます。このとき、
肩甲骨を寄せるようにして、肘を上に上げる感覚で
トレーニングして下さい。

腹筋も鍛えるためには、テーブルに浅く腰かけていただいて、
両手でテーブルを持ちます。
テーブルに腰かけた状態のまま、両手でテーブルを持ち上げます。
こうすると腹筋と背筋の両方をトレーニングすることができます。

背筋が伸びてくると、ボールから身体までの距離が適正になってきて、
身体が回転しやすくなります。

バンカーショットのスタンス

今回は、バンカーショットのスタンスについて、紹介したいと思います。

多くのゴルファーにとって、バンカーショットは、 鬼門だと思います。バンカーショットが苦手な原因として 考えられるのが、きれいにダフれないことです。

ボールをクリーンに捉えて打ってしまい、バンカーの アゴに当たってしまうことが多いです。通常のアプローチ感覚で 重心が高い状態で打ってしまうことが原因です。

重心が高いアドレスは、通常のスイングをするための方法です。 重心が高いと、ヘッドが砂に入ってくれません。

ヘッドを砂に入れるためには、蟹股にしていただいて、 スタンスは、肩幅よりも広く構えて下さい。 そうすると、自然にての重心が位置と重心が下がってきます。

スイング軌道は、レベルスイングになってきて、 自然とダフるようになります。下半身を突っ張らないように して下さい。

ひざは適度に曲げていただいて、腰を低くして下さい。 スタンスを広げると、バランスを崩しにくいので、 ひざを曲げて下さい。

砂をエクスプロージョンさせるために、フェイス面を オープンにしていただいて、バンスを砂にぶつけて下さい。

スイングでは下半身を固定していただいて、 上半身だけでスイングして下さい。

 

ボールにどんなマークをつけたらよいか

今回は、ボールにどんなマークをつけたらよいかについて、紹介したいと思います。

パッティングする際に、ボールにマークをつける方は多いと思います。マークのつけ方は、さまざまだと思います。

マークを描く、2本以上の線を書く、1本の線を書く、線なしなど様々です。

マークを描く方法は、ボールの芯に集中することができて、
正確にボールを捉えることができます。常にショートしやすい方にはおすすめの方法です。

2本以上の線を書く方法は、ラインを性格に合わせやすいことと
フェイス面をスクエアに構えることができる点です。

1本の線を書く方法は、ラインが左に向いているような錯覚を起こしやすくなります。
引っかけやひっかけを怖がって、右に押し出してしまうミスが多くなるかもしれません。
ラインに対して、線が直角になるようにボールをセットすると、
フェイス面をスクエアの状態でインパクトしやすくなるので、
線1本の場合は、ラインに対して直角にセットすると、良いかもしれません。

線がない場合は、右に外れることが多いかもしれません。
目線は、常にラインと平行になるように合わせて下さい。
両肩を結んだラインもラインと平行になるように合わせて下さい