リストターンの種類とマスター方法

今回は、リストターンの種類とマスター方法について、

紹介したいと思います。

 

リストターンに4種類あります。

1つ目は、手首の動きを極力抑えたパターンです。

 

身体の捻転を十分に行って、手首をソフトに

回転させていきます。

ゴルファー本人からは、手首を回転させているようには、

見えません。

 

外側から見ると、手首を回転させていることが

分かります。

 

2つ目は、右手の手首を回転させるパターンです。

肘から手首のかけての前腕部分を強く回転させていきます。

 

遠心力を利用していくので、ボールは飛びやすくなります。

フェイス面がスクエアの時にボールを捉える必要があります。

しかし方向性が狂いやすく、紙一重のリストターンです。

 

3つ目は、腕全体で手首を回転させていくパターンです。

手をこねる動きで、ボールを捕まえていく必要があります。

 

手首を大きく返していくパターンです。

ヘッドスピードは大きく仮想していきます。

しかしタイミングが微妙にずれていくと、

ボールが曲がる可能性が高くなります。

 

4つ目は、左手を甲側に折っていくパターンです。

手首は回転させていきません。

 

グリップがフックタイプの方におススメです。

回転させないので、方向性は確保できますが、

飛距離が出ない危険性があります。

親指の付け根で体重移動

今回は、親指の付け根で体重移動というテーマで、

紹介したいと思います。

 

飛距離をできるだけ伸ばすための最大のポイントは、

スイングとクラブのエネルギーをボールに効率よく

伝えることです。

 

ボールに効率よくエネルギーを伝えるためには、

正確で能率的な体重移動です。

 

両足の親指の付け根をイメージ上のラインで

結んでください。

 

体重移動中は、全体重が親指の付け根に

かかっているようにして下さい。

 

体重移動中に少しでもかかとに体重が移動してしまうと、

アッパーブローになってしまい、

スイングが乱れてしまいます。

 

十分なエネルギーがボールに伝わらずに、

飛距離が落ちるだけでなく、正確にヘッドに

当たらなくなります。

 

正確に親指の付け根で体重移動ができりうようになったら、

幅が10センチくらいの板を用意して下さい。

 

その上に両足の親指の付け根を中心に乗っかってください。

 

乗っかったら、親指の付け根を意識して、

通常のアドレスを取ってみて下さい。

 

アドレスをとったら、板から落ちないように、

素振りをしてみて下さい。

 

親指の付け根に体重が乗っていれば、

板から落ちることはありません。

 

もし少しでもかかとに体重がかかってしまうと、

板から落ちてしまいます。

 

試してみて下さい。

理想的なコックの作り方

今回は、理想的なコックの作り方について、

紹介したいと思います。

 

コックの角度が90度になると、

スイング軌道がインサイドアウトになってきて、

ドローボールが打てるようになってきます。

 

コックの角度を維持できていれば、

ボールを正確にヒットすることができるようになります。

 

ダフってもいいので、トップの位置から

身体を沈み込ませてみて下さい。

 

身体を沈み込ませると、ボールと身体の空間が

小さくなってきて、コックの解放が早すぎると、

ダフってしまいます。

 

誰でもダフるのは嫌だと思いますので、

ぎりぎりまでコックの角度を維持しようとします。

 

ぎりぎりまでコックの角度を維持していると、

両肩の開きを抑えることができます。

 

そうするとスイング軌道がインサイドアウトになってきて、

ドローボールが打てるようになってきます。

 

タイガーウッズ選手は、ぎりぎりまでコックを維持できる

名手と言えます。

トップからインパクトにかけては、

かなり頭の位置が下がってきています。

 

しかし前傾角度は維持されつつも、

背中を少し丸めることによって、

ボールと身体の間に空間を作り出しています。

 

その状態から、ぎりぎりまで維持されたコックを

一気に解放することによって、強力なインパクトを作り出しています。