ユニークな素振り練習法

今回は、ユニークな素振り練習法について、紹介したいと思います。

スイングをマスターするために大切なことは、
身体を十分に捻転させることです。腕を意識しないくらいの感覚が良いです。

腕を意識しないで、身体を十分に捻転させることを意識するために、
クラブの両サイドを握って素振りすることをおススメします。

通常のアドレスをとって、クラブの両サイドを握って、アドレスします。
両サイドを握ったまま、バックスイングしていきます。

左腕は、地面と平行になるまでしか上がりませんが、
そのポジションで大丈夫です。

ダウンスイングでは、腰から先に回転してきて、
腕が後からついてくる感じです。

フォロースルーでは、左肩を回転するイメージを持ってみて下さい。
肩の回転が不十分だと、腕を動かすことが出来ずに
ワキが空いてしまうので、注意して下さい。

この練習を続けることによって、バックスイングで身体の捻転を感じることができます。
ダウンスイングからフォロースルーにかけては、
体重移動や両肩を回転させる感覚をマスターすることができます。

他には、クラブを逆に握って、ゴムティを打つ練習法もあります。
クラブが軽くなると、腕の力に頼ってしまい、
なかなかゴムティに当たらないものです。

ゴムティに当てるためには、十分に身体を捻転させることです。
この練習を続けることによって、身体を捻転させることをマスターすることができます。

パッティングのインパクトの緩みを防止する方法

今回は、パッティングのインパクトの緩みを防止する方法について、
紹介したいと思います。

パッティングで、ミスの原因になりやすい大きな要因は、
インパクトで緩みが出てしまうことです。

インパクトで、手首が緩んだり、身体が上下に動いてしまったり、
左右にぶれたりしてしまうと、ボールをしっかりとらえることができなくなります。

そこで提案したいのが、腹筋を締めることです。
腹筋を締めることによって、身体が上下左右にぶれることがなくなり、
身体に良い緊張感を保ったまま、ヘッドを真っ直ぐに動かすことができるようになります。

プレッシャーもインパクトが緩む原因になります。
プレッシャーは、ゴルフをしていれば必ずかかると言っていいでしょう。

プレッシャーに対処するには、プレッシャーは必ずかかることを前提にして練習することです。
プレッシャーがかかりそうな状況をイメージします。
そのイメージを持ちながら、腕だけでゆっくり素振りをします。
これをシャドーイメージと言います。

何回も繰り返していると、プレッシャーがかかる場面でも、腕が勝手に動いてくれます。
パターで大事なのは、特に左腕です。

左腕を意識して、腹筋を締めて、シャドーイメージを練習して下さい。