インパクトの形

今回は、インパクトの形について、

紹介したいと思います。

 

曲げないボールを打つためには、インパクトの形が

重要になってきます。

 

曲げないボールを打つための、理想的な

インパクトの形は、飛球線と反対方向から見て

上半身に対するシャフトの角度が

90度になっていることです。

 

90度になっているということは、

上半身の背骨を中心に身体が回転していることになります。

 

多くのゴルファーの方々は、インパクトで

お尻がボール方向に出てしまい、身体が伸び上がってしまう

傾向があります。

 

インパクトで身体の前傾角度を維持するためのポイントは、

インパクトで、左足のかかとに体重を乗せることにあります。

 

アドレスでは、体重をどこにかけるかというと、

両足の親指の付け根に体重を乗せて下さい。

 

バックスイングからトップにかけては、

右足のかかとと左足の親指の付け根に体重がかかってきます。

 

インパクトでは、左足のかかとに体重のほとんどがかかり、

若干右足の親指の付け根に体重がかかってきます。

 

練習ドリルとして、おススメなのが、

左足上がり素振りです。

 

左足上がりの状況で素振りをすると、

右足が地面についたままになりやすく、

右ひざが前に出るのを防いでくれます。

 

ぜひ試してみて下さい。

アドレスとインパクトの関係

今回は、アドレスとインパクトの関係について、

紹介したいと思います。

 

手首が右サイドに残ってしまったアッパースイングは、

打振ってしまったり、スライスしてしまったり、

距離が出ないなどのミスショットにつながりやすくなります。

 

インパクトでは、ハンドファーストに構える必要があります。

ハンドファーストになるためには、体重を左サイドに

乗せていく必要があります。

 

左サイドに体重が乗ってくると、自動的に

ハンドファーストに形になってきます。

 

ハンドファーストになると、左腕と

シャフトが一直線になってきます。

 

しかし左腕とシャフトの一直線を意識しすぎてしまうと、

手首が飛球線方向に折れてしまうことがあります。

 

理想的なハンドファーストになるためには、

アドレスでは、両肩と手首を結んだラインが、

二等辺三角形になるようにします。

 

アドレスで二等辺三角形を作ると、

インパクトでは、理想的なハンドファーストになります。

 

練習ドリルとしては、左足体重ドリルがおススメです。

アドレスで左足に90%体重を乗せたまま、

バックスイングを開始して、ダウンスイング、

インパクトを迎えます。

 

左足に体重を乗せて打つ感覚が分かってきます。

多くのプロは、アドレスで二等辺三角形、

インパクトでハンドファーストを作っています。

 

ぜひ試してみて下さい。

 

アプローチで安定したインパクトを得るための方法

今回は、アプローチで安定したインパクトを得るための

方法について、紹介したいと思います。

 

アプローチのインパクトで緩んでしまったり、

強く打ちすぎてしまう原因は、

バックスイングの大きさが違ってしまい、

ヘッドスピードが変わってしまうことが原因です。

 

距離がどんなであっても、ヘッドスピードが

徐々に上がってくることが重要です。

 

ヘッドスピードを少しづつ上げていくためには、

フォロースルーを意識することが大切です。

 

フォロースルーを意識することによって、

インパクトがゴールではなく、プロセスになり、

スイングが安定してきます。

 

50ヤードショットでは、クラブと身体の回転が

シンクロして、手首が身体の正面に位置しながら、

フィニッシュを迎えます。

 

70ヤードショットでは、十分に身体を捻転して、

手首が頭を超える位置まで、スイングしていきます。

 

80ヤードショットでは、十分にフィニッシュを取ることが

大切です。

 

インパクトからフォロースルーにかけては、

両腕を伸ばしていって下さい。

 

ダウンスイングでは、両ひざの高さが一定になります。

両足のかかとは、ぎりぎりまでべた足をキープして下さい。

 

べた足にすることによって、ボールへヘッドが入る角度が

一定になります。