スイートスポットでインパクトする方法

今回は、スイートスポットでインパクトする方法について、

紹介したいと思います。

 

インパクトで、ボールがヒール寄りでヒットしてしまう原因は、

ダインスイングで、右ひざが出てしまうことが考えられます。

 

右ひざが出てしまうと、スイング軌道がアウトサイドインに

なってしまい、ボールをカット気味に捉えてしまい、

スライスになってしまいます。

 

スライスを防止するためには、ダウンスイングから

フォロースルーにかけて、右足のかかとが

浮きすぎないようにします。

 

右ひざが上がってしまうと、右ひざが前に出やすくなってしまいます。

ダウンスイングの時は、右足の内側を地面に

こすりつけるようにスイングしてみて下さい。

 

右足の内側を地面にこすりつけるようにすることによって、

右ひざが前に出るのを防いで、アウトサイドインを

防いでくれます。

 

次にダウンスイングのクラブの角度です。

ボールがクリーンヒットしない時は、

右腕に力が入ってしまい、クラブが寝てしまうことがあります。

 

クラブを立てて振るためには、右ひじを地面に向けるようにして、

グリップエンドを地面に突き刺す感覚で、ダウンスイングしていきます。

地面に突き刺す感覚を持つことによって、クラブが立ち、

インパクトで身体が開くのを抑えてくれます。

スイートスポットでインパクトを迎えるための練習ドリル

今回は、スイートスポットでインパクトを迎えるための、練習ドリルについて、紹介したいと思います。

ゴルフで体重移動は重要ですが、
体重を右に動かすことを意識しすぎて、
身体が右サイドに流れてしまうだけに
なっている方がいます。

身体が右サイドに流れてしまうだけだと、
身体の軸がずれてしまうだけになってしまいます。

ゴルフスイングにおいて、
体重移動をする必要はありません。

背骨を中心にして、
身体を捻転していきます。

身体を捻転することによって、
体重は右足のインサイドに自然に移っていきます

内側のインサイドに体重が乗れば、
ダウンスイングでは、左サイドのインサイドに
乗っていきます。

トップポジションが決まる前に、
ダウンスイングを開始してしまうと、
打ち急いでしまい、フェイス面に正確に当たらなくなってしまいます。

打ち急ぎを防ぐために、トップポジションでは、
一度止める感覚が必要です。

トップポジションで一度止めていただき、
一気に振り抜いていきます。

そうすると、身体と腕のバランスが一体化して、
フィニッシュまで振り抜くことができます。

フォロースルーでは、身体の回転を意識して、
フル抜くようにしてください。

ヘッドを上に向かって振り抜くようにすると、
綺麗なフィニッシュがとれます。

インパクトでフェイス面をスクエアにするバックスイング

今回は、インパクトでフェイス面をスクエアにするバックスイングについて、紹介したいと思います。

近年のドライバーは、ヘッドが大型化しています。
バックスイングは、手首を返さないようにして、
フェイス面をクローズドにしたまま上げることが
勧められています。

ですが、身体の回転速度が遅い多くのゴルファーの
方々は、手首が先行して上がってしまいます。

フェイス面をクローズドのままにして上げてしまうと、
インパクトで、ヘッドの根っこにフェイス面がオープンになって、
当たってしまいます。

バックスイングの始動は若干手首を使っていただいて構わないので、
フェイス面をオープンにして、ヘッドを上げていきます。

フェイス面をオープンにして上げていくと、
ダウンスイングで閉じて下りていきます。
インパクトで、結果的にスクエアになって当たります。

バックスイングでインサイドに引きすぎてしまうのはNGです。
インサイドに引きすぎてしまうと、
ダウンスイングがきつくなりすぎてしまい、
身体が伸びてしまいます。身体が伸びてしまうと、
ジャストミートはなかなかできません。

バックスイングは、飛球線の反対方向に上げていく感じが
ちょうど良いです。
手首や肘は真上に上げていく感じです。