切り返しをマスターする方法

今回は、切り返しをマスターする方法について、

紹介したいと思います。

 

多くのゴルファーの方々は、ボールに当てたい気持ちが

強すぎて、ただ当てるだけのスイングになっています。

 

上級者になると、ボールが当たる瞬間のインパクトは、

スイングの途中経過に過ぎません。

 

スイングのゴールは、フィニッシュの意識なので、

切れのあるスイングになっています。

 

最近のクラブは、重心の距離が長めに設定されているので、

切り返しで力んでしまうと、スイング軌道が乱れてしまいます。

 

スイング軌道が乱れると、ミスショットが大きくなってしまいます。

切り返しから時計の9時くらいまでは、

クラブをすーっと下ろしてきます。

 

9時くらいから4時くらいまでを力を入れます。

そうすると、インパクトでどーんと言う感じになり、

ボールに力が伝わります。

 

9時から4時にかけては、どんなに力が入っても、

問題ありません。

 

スイング軌道を正確に描くためには、

ボールをセットした位置から、1メートルくらいのところに、

小目標をセットします。

 

小目標をセットしたら、小目標に向かって、

まっすぐクラブを降り出していきます。

この時に、両目を結んだラインが飛球線と平行になる

イメージを持ってみて下さい。

 

両目のラインがずれてしまうと、

プッシュアウトしてしまうので、注意して下さい。

親指の付け根で体重移動

今回は、親指の付け根で体重移動というテーマで、

紹介したいと思います。

 

飛距離をできるだけ伸ばすための最大のポイントは、

スイングとクラブのエネルギーをボールに効率よく

伝えることです。

 

ボールに効率よくエネルギーを伝えるためには、

正確で能率的な体重移動です。

 

両足の親指の付け根をイメージ上のラインで

結んでください。

 

体重移動中は、全体重が親指の付け根に

かかっているようにして下さい。

 

体重移動中に少しでもかかとに体重が移動してしまうと、

アッパーブローになってしまい、

スイングが乱れてしまいます。

 

十分なエネルギーがボールに伝わらずに、

飛距離が落ちるだけでなく、正確にヘッドに

当たらなくなります。

 

正確に親指の付け根で体重移動ができりうようになったら、

幅が10センチくらいの板を用意して下さい。

 

その上に両足の親指の付け根を中心に乗っかってください。

 

乗っかったら、親指の付け根を意識して、

通常のアドレスを取ってみて下さい。

 

アドレスをとったら、板から落ちないように、

素振りをしてみて下さい。

 

親指の付け根に体重が乗っていれば、

板から落ちることはありません。

 

もし少しでもかかとに体重がかかってしまうと、

板から落ちてしまいます。

 

試してみて下さい。

理想的なコックの作り方

今回は、理想的なコックの作り方について、

紹介したいと思います。

 

コックの角度が90度になると、

スイング軌道がインサイドアウトになってきて、

ドローボールが打てるようになってきます。

 

コックの角度を維持できていれば、

ボールを正確にヒットすることができるようになります。

 

ダフってもいいので、トップの位置から

身体を沈み込ませてみて下さい。

 

身体を沈み込ませると、ボールと身体の空間が

小さくなってきて、コックの解放が早すぎると、

ダフってしまいます。

 

誰でもダフるのは嫌だと思いますので、

ぎりぎりまでコックの角度を維持しようとします。

 

ぎりぎりまでコックの角度を維持していると、

両肩の開きを抑えることができます。

 

そうするとスイング軌道がインサイドアウトになってきて、

ドローボールが打てるようになってきます。

 

タイガーウッズ選手は、ぎりぎりまでコックを維持できる

名手と言えます。

トップからインパクトにかけては、

かなり頭の位置が下がってきています。

 

しかし前傾角度は維持されつつも、

背中を少し丸めることによって、

ボールと身体の間に空間を作り出しています。

 

その状態から、ぎりぎりまで維持されたコックを

一気に解放することによって、強力なインパクトを作り出しています。